beacon

あまりにも劇的…鈴木大輔が後半AT決勝弾!! 新潟下した千葉、今季ホーム初得点&初勝利!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.30 J2リーグ第7節 千葉 1-0 新潟 フクアリ]

 J2リーグは30日、第7節を開催し、フクダ電子アリーナではジェフユナイテッド千葉アルビレックス新潟が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半アディショナルタイムにDF鈴木大輔が決勝点を奪った千葉が、1-0の劇的な勝利を収めた。

 ホーム初得点&初勝利を目指す千葉は26日の第6節栃木戦(●1-2)から先発2人を入れ替え、MF熊谷アンドリュー、MF秋山陽介らを先発起用。一方、2連勝中の新潟は第6節群馬戦(○3-2)から先発4人を入れ替え、MF松田詠太郎、DF渡邊泰基、DF千葉和彦、DF藤原奏哉らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半22分にゴールに迫ったのはアウェーの新潟。右サイドから松田が送ったクロスがファーサイドまで流れてくると、PA内まで走り込んだ渡邊が左足で狙う。シュートは枠を捉えたものの、GK新井章太に阻まれてネットを揺らすには至らなかった。

 0-0のまま前半を折り返すと、両チームともに選手交代を行い、流れを引き寄せようと試みる。得点が生まれずに試合終盤を迎えると、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。MF田口泰士が蹴り出したCKをニアサイドに走り込んだ鈴木大輔がヘディングで合わせてネットを揺らし、劇的な決勝点が生まれた。

 1-0の完封勝利を収めた千葉は今季ホーム初得点で、ホーム初白星を獲得。敗れた新潟の連勝は2でストップした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP