beacon

大量4ゴールの横浜FMが“神奈川ダービー”制して今季初3連勝! 敗れた湘南は最下位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FMが4-1で快勝を収めた

[5.14 J1第13節 湘南 1-4 横浜FM レモンS]

 J1第13節が14日に行われ、3位横浜F・マリノスは敵地で17位湘南ベルマーレに4-1で快勝した。“神奈川ダービー”を制し、今季初の3連勝を達成。敗れた湘南は18位に転落した。

 立ち上がりはホームの湘南がチャンスを作ったが、前半14分に横浜FMが先制。MF水沼宏太が高い位置で相手のパスを引っ掛け、ペナルティエリア内でFWアンデルソン・ロペスが粘ってボールがこぼれる。フリーで中央に入っていた水沼が右足でゴール左に決め、今季初得点を挙げた。

 前半20分には大きな展開から、左サイドのMF仲川輝人が右足で低いクロスを送る。中央のDFに阻まれるも、セカンドボールをMFマルコス・ジュニオールが拾い、右に流れながらゴール前へ意表を突くヒールパス。ノーマークで受けたDF小池龍太が右足で蹴り込み、今季2点目で2-0とした。

 続けて後半14分、カウンターから仲川がドリブルで攻め上がり、ペナルティエリア内右に走り込んだ水沼につなぐ。最後は水沼の折り返しをA・ロペスが左足で押し込み、3戦連発となる今季6ゴール目を記録した。

 後半26分にDF舘幸希が負傷交代するアクシデントに見舞われた湘南は、同38分に1点を返す。ペナルティエリア内右からFW町野修斗が送ったクロスがファーに流れると、拾ったMF田中聡が寄せてきたGK高丘陽平に奪われることなく、左足でゴール前へ。FWウェリントンが高い打点のヘディングシュートを突き刺し、今季初得点となった。

 しかし後半アディショナルタイム1分、横浜FMのMF渡辺皓太が裏へロングパスを送り、FWレオ・セアラが反応する。飛び出したGK谷晃生がクリアし切れず、こぼれ球を拾ったレオ・セアラは無人のゴールに難なく流し込み、今季初得点をマーク。横浜FMが4-1と再び突き放した。

 そのままタイムアップを迎えた湘南は2試合ぶりの黒星を喫し、4戦勝ちなし(1分3敗)。他会場で勝利した18位ヴィッセル神戸に勝ち点7で並ばれ、得失点差で最下位となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第13節 スコア速報

TOP