beacon

イニエスタJ1通算100試合出場メモリアルゲームはスコアレス…最下位神戸、17位に引き離される

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.25 J1第15節 神戸0-0磐田 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸ジュビロ磐田は0-0の引き分けに終わった。17位の湘南が川崎Fに快勝したため、勝ち点差は5に広がった。

 21日に行った湘南との“裏天王山”に敗戦。今季未だ1勝で、最下位に沈むチームを三木谷浩史会長が激励したことも話題になった。勝つことで話題を集めたい神戸は、中3日で挑む磐田戦に序盤から積極的に攻め込む姿勢をみせた。

 しかし、この試合がJ1通算100試合出場のメモリアルとなるMFアンドレス・イニエスタの正確なFKからチャンスを立て続けに作るも、あと一歩押し込むことが出来ない。前半39分には左サイドを駆け上がったDF酒井高徳のクロスからFW武藤嘉紀が折り返し、走り込んだMF汰木康也が決定的なシュートを放ったが、GK三浦龍輝のビッグセーブに阻まれた。

 後半も神戸が優勢に試合を進めるが、決めきることが出来ない。後半43分には武藤がゴール前で粘って出したパスからFWリンコンがシュート。ディフレクションしたボールがゴールに向かうが、これも三浦のセーブに防がれてしまう。3試合ぶりの無失点とした神戸だが、ゴールは奪うことが出来ず、今季5試合目の引き分けとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP