beacon

U-16代表“日韓戦”は日本に軍配! U-16インターナショナルドリームカップ白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-16日本代表が白星スタート

 U-16日本代表は8日、U-16インターナショナルドリームカップ第1節でU-16韓国代表と対戦し、3-0で白星スタートを飾った。

 日本は前半7分にMF矢田龍之介、同40分にFW磯崎麻玖のゴールが生まれ、2点リードでハーフタイムへ。後半6分にMF杉浦駿吾が決めて3-0とすると、韓国の反撃をゼロに抑えて完封勝利を収めた。

 同大会はユアテックスタジアム仙台で開催され、U-16日本代表、U-16韓国代表、U-16メキシコ代表、U-16ウルグアイ代表の計4チーム一回戦総当り形式で対決。同点の場合はPK方式戦によって勝敗を決する。

 8日に行われたもう一方の試合では、U-16メキシコ代表がU-16ウルグアイ代表を2-0で下した。

 この結果、初戦を終えて1位がU-16日本代表(勝ち点3、得失差+3)、2位がU-16メキシコ代表(勝ち点3、得失差+2)、3位がU-16ウルグアイ代表(勝ち点0、得失差-2)、4位がU-16韓国代表(勝ち点0、得失差-3)となっている。

TOP