beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

澤がアジア年間MVPに輝く。U-17岩渕も最優秀ユース選手に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジア・サッカー連盟(AFC)は20日、クアラルンプールで女子サッカーの08年各賞表彰式を行った。最優秀選手には、北京五輪で日本をベスト4に導いた澤穂希(日テレ)が選ばれ、04年に続いて2度目の受賞となった。なお、同2位には北朝鮮のリ・グムスク、同3位にはチームメイトの宮間あや(岡山湯郷)が続いた。
 澤は「2度目となるこの賞をもらえて嬉しい。リと宮間も素晴らしい選手で、最終候補3人の中からこの賞に選ばれたことは大きな栄誉」と語り、JWマリオットホテルのグランドボールルームでAFCモハメド・ビン・ハマム会長からトロフィーを受け取った。
また、AFC年間最優秀女子ユースプレーヤーには、最近閉幕した第1回FIFA U-17女子ワールドカップで大会でMVPに輝いた岩渕真奈が選ばれた。弱冠15歳ながらも既に「将来の澤」と周囲から称賛されている岩渕は、「この賞は私のチームメイトとチームスピリットを含めた評価だと思う」コメント。そして、AFC年間最優秀レフリーとアシスタントレフリーには、馬場佐知子と吉澤久恵がそれぞれ輝いた。
 最優秀監督部門では、AFC女子アジアカップでチームを優勝に導いた北朝鮮のキム・クァンミン監督が、最優秀女子代表チームには女子アジアカップで優勝を果たした北朝鮮がMVPに輝いた。

(文 山口雄人)

<写真説明>AFC最優秀女子プレイヤーを受賞した(澤)と3位の宮間(右)。左は最優秀ユースプレイヤーの岩渕。3人のソロ写真は最新NEWSに掲載

TOP