beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

【特集】09年J1ニューフェイスの決意(第1回、横浜FM・渡邉千真)

このエントリーをはてなブックマークに追加

09年シーズンにJ1新加入する新人選手を各チームから1人ずつピックアップする特集がスタート。第1回は横浜FM加入の渡邉選手!

 背番号が期待の表れだ。早稲田大から横浜F・マリノスに新加入するFW渡邉千真(22)が背番号9を任されることになった。新人選手がトリコロールのエースナンバーを背負うのは極めて異例。渡邉は「何の相談もなく急に9番と言われて…。まさか1ケタになるとは思ってなかった。期待されているんだなというのは感じた」と驚きを隠せなかった。

 プレッシャーを感じながらも、良い予感はある。大学時代の2、3年時に背負っていたのが9番。2年連続で関東大学リーグ1部で得点王に輝いたゲンの良い数字だ。背番号10に変更した4年時はチームの不振もあって、過去2年ほどの活躍を見せることはできなかったが、プロになって背番号9に戻るのは“吉兆”だろう。本人も「縁起がいいということになるようにしたい」と意気込んだ。

 国見高(長崎)2年時には、1学年上のFW平山相太(F東京)、DF中村北斗(F東京)、MF兵藤慎剛(横浜FM)らとともに全国高校選手権に優勝。3年時には主将としてチームをベスト4に導いた。卒業後は早稲田大に進学。あえてプロではなく、大学に籍を置くことで「すべての面でサッカーがうまくなったと思うし、人間としても幅が広がった」と胸を張る。プロの選手と比べても「シュート力、シュートの精度ではそこまで負けてないと思う」と自信を見せた。

 大卒と高卒という違いはあるが、鹿島に入団するFW大迫勇也(鹿児島城西)には刺激も受けている。選手権をテレビで観戦し「すごいなと思った」と正直な思いを口にし、「負けたくない気持ちはある」と力を込めた。

 サポーター約850人の前で行われた新体制発表会では目標のゴール数を聞かれて「5点は取りたい」と答え、サポーターから「もっと取れるぞ」というブーイング(?)に慌てて「2ケタ取ります」と目標を軌道修正した。「FWはゴールが仕事。点を取ることがアピールになるし、点を取るのがうまいFWと言われたい」と抱負を語った横浜FMの新背番号9。大学ナンバー1ストライカーと言われた大器が「開幕スタメン」を目標に掲げ、プロ生活の第一歩を踏み出した。

<写真>背番号9を任されることになった横浜FMのFW渡邉千真

(取材・文 西山紘平)

TOP