beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ監督、母校から名誉博士号を授与

このエントリーをはてなブックマークに追加
 イタリア・セリエA、インテルのジョゼ・モウリーニョ監督(46)がプロ監督としての功績が認められ、母校であるリスボン工科大から名誉博士号を受け取った。同監督は同大学でスポーツ科学を学び、卒業後は体育教師も務めたキャリアをもつ。
 25日付の日刊スポーツによると、同監督は「私が学位に値するのかどうか分からないが、責任感は重くなった」と顔をほころばせたという。
 インテルは現在、勝点69でリーグ首位を走っており、2位ユベントスとの勝点差は7。しかし現在、ビッグマウスのズラタン・イブラヒモビッチの問題発言により移籍の噂が流れている。

▼関連リンク
イブラヒモビッチの問題発言
インテル会長、イブラヒモビッチ売却の可能性を示唆

(文 山口雄人)

TOP