beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山瀬退場の高山主審が誤審で割り当て停止に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本サッカー協会の松崎康弘審判委員長は24日、22日の柏レイソル横浜F・マリノス高山啓義主審に誤審があったとして、高山主審を第24節(29、30日)とナビスコ杯準決勝(9月2、6日)の割り当てから外し、研修期間とすることを明らかにした。スポーツ新聞各紙のWeb版が報じた。

 高山主審は柏vs横浜FM戦の後半13分、横浜FMの山瀬功治が柏の選手に倒された際、山瀬のシミュレーションと判定。このプレーで2枚目の警告を受けた山瀬は退場処分となった。試合後、木村浩吉監督は「意味が分からない。ああいうジャッジで試合を壊されるのは残念」と怒りをあらわにし、クラブもJリーグに対し意見書を提出していた。

 高山主審は誤審を認めており、松崎委員長は「ポジショニングの問題などがあった」と説明。審判への処分が公表された例はこれまでほとんどなかったが、松崎委員長は「こういうミスをしたら何試合割り当てを外すなどの基準をつくり(反響が)大きかったら公表も検討する」と、メディアやサポーターに対する情報開示に前向きな姿勢を示した。

(文 西山紘平)

TOP