beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[天皇杯]西野監督がペドロ・ジュニオールに持ち過ぎ禁止令

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ガンバ大阪西野朗監督がFWペドロ・ジュニオールに「持ち過ぎ禁止令」を出した。29日付の日刊スポーツによると、28日の紅白戦で3タッチ以上、ボールをキープすることを禁止。指揮官は「ヤツは視野が狭くなっている。ある程度、限定してプレーさせないといけないから」と説明した。

 パスサッカーが基本のチームで、ドリブルが持ち味のペドロ・ジュニオールはまだフィットし切れていない。リーグ戦は17日の広島戦(2-2)、24日の横浜FM戦(0-0)と2試合連続のドローで、ペドロ・ジュニオールも早い時間で途中交代させられている。

 逆転優勝へ、ペドロ・ジュニオールを組み込んだ攻撃陣の機能は必須。本人も「周囲との連係をもっと深めるために大切なことだと理解している」と前向きに取り組んでおり、まずは31日の天皇杯3回戦・福岡大戦で進化の一端を見せたい。

(文 西山紘平)

▼関連リンク
第89回天皇杯特設ページ

TOP