beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

代役じゃない! 鈴木達也が意地のアシスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.3 ナビスコ杯決勝 F東京2-0川崎F 国立]

 FC東京のMF鈴木達也が豊富な運動量を武器に、攻守で奮闘。後半15分にはドリブルで左サイドを突破し、チーム2点目となるFW平山相太のヘディング弾をアシストした。

 「狙ったとおりにクロスを上げられました。ソウタが見えていたので、最初にダイレクトであげることもできたけど、ドリブルで行って、もっといいクロスを上げようと思った」

 本人の思惑どうり、平山は合わせるだけのヘディングシュートとなった。かって筑波大でもコンビを組み、最強を誇った2人が、大舞台でも“ホットライン”を発揮した。

 期する思いがあった。攻撃的なポジションなら何でもできるため“スーパーサブ”に回ることが多かった鈴木。そのうえ、MF石川と少しスタイルが似ているうえ、石川が怪我のときに右MFを務めることが多く、世間的には“石川の代役”とみられることが増えた。

 最近は平山との相性を買われ、2トップで先発することも多くなったが、再びMF石川がけがで離脱し右MFを任されたため、報道などで代役と書かれることが増えた。しかし、実際はややプレースタイルは異なる。スピードがあることは同じだが、鈴木のほうがFWの衛星的な動きを得意とする。大舞台で他の誰でもない“鈴木達也”のプレーを証明したい思いが強かった。

 「ぼくはこの試合に、強い思いがあった。絶対に結果がほしいと思っていた。誰かの代わりという扱いが嫌だったので、結果を出すしかないと思っていた」と鈴木。石川とは横浜FMユースの先輩後輩で、今でも仲がいい。この日も「ナオさんとかモニさんとか出られない人の分もと思った」と明かす。

 だが、どんなに慕う先輩でも代役と思われるかどうかは、プロである以上は別の話。柏からのレンタル移籍中ということもあり、FC東京で自身の存在意義を示したかったこともある。

 「この勝利を慢心ではなく、自信に代えて成長したい」

 来季はまだ未定だが、クラブ側は高く評価しており、完全移籍でこのままFC東京に残る可能性が高い。“東京のタツヤ”としてチームに欠かせない存在となる。

<写真>F東京MF鈴木
(取材・文 近藤安弘)

TOP