beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[高校選手権]「5点取り返して来い!」攻めた習志野、市船橋破る!:千葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.29 全国高校選手権千葉県大会準決勝 市立船橋 0-3 習志野 市原臨海]

 29日、第88回全国高校サッカー選手権千葉県大会準決勝で、県総体優勝の習志野が昨年の代表校・市立船橋に3-0で快勝。11年ぶりの全国出場を懸け、12月6日の決勝で八千代と対戦する。

 07年、08年の全国総体を制している市立船橋に3-0で快勝。ただ、試合後、習志野の選手たちは「2点足りなかった」と真面目な表情で口にしていた。昨年の選手権千葉県大会準決勝で市船橋に0-5で大敗していたからだ。

 「5点取り返して来い!」。そう送り出されていたイレブンはDF水野輝主将(3年)中心に堅守を誇る市船橋から本気で5点取るために攻めた。序盤は2トップや左サイドの10番・鈴木宏樹(3年)にボールを集め、縦に速い攻撃から一気にゴールを陥れようとする市船橋の攻撃に悩まされる場面もあったが根気強く跳ね返すと、MF佐藤功基(3年)のミドルパスを起点に左サイドのドリブラー黒須大輔(3年)やFW横山大(3年)とFW坪井秀斗(2年)の2トップが仕掛け出す。
 「こちらから仕掛けるため」(水庫祥元監督)に本来SBの長谷部修主将(3年)をボランチ起用したことも当たった。「とにかく攻めて、攻めて勝とうと思った」という長谷部主将が抜群の運動量で再三前線へと飛び出し、徐々に相手を押し込む場面を増やしていく。そして22分だ。右サイドでボールを受けた坪井が豪快な右足シュートをゴール左上へ突き刺し、先制に成功した。

 リードを奪われた市船橋だったが、ビハインドはまだ1点。この後訪れたピンチをGK有富大起(3年)のビッグセーブで防ぐなど、集中力を保ったままハーフタイムを迎えた。そして後半開始から同点に追いつくためFW雨宮拓也(3年)を投入。アタッカーを増やした。だが市船橋の目論見を、高精度の右足を持つ習志野・佐藤が打ち壊す。後半4分、ドリブルで仕掛けた黒須がPA右外でFKを獲得。これを佐藤が右足で直接ゴールへねじ込みリードを2点に広げた。この失点で集中力を乱されたか、市船橋は14分、自陣ゴールライン際のルーズボールを追った習志野・長谷部主将に不要なファウル。PKを献上してしまった。

 習志野はこれを志願のキッカー・横山が右足で決めて3-0。その後追加点を奪うことはできなかったが、絶妙な配球を見せる佐藤や左サイドを個人で攻略する黒須らを中心に攻め続けて勝利を得た。終盤、セットプレーでGK有富を前線に上げてまで1点を奪いにいった市船橋だったが、無得点のまま今年1月2日の全国選手権でも香川西(香川)に敗れていた市原臨海のピッチに再び散った。

 習志野は、2年生の先発7人で臨んだ昨年の市船橋戦を前半0-0で乗り切りながら後半5分頃からのわずか5、6分間で4連続失点して敗れていた。雪辱の勝利に水庫監督は「(昨年の大敗は)選手も感ずるところがあったと思う。1点取られてもすぐに取り返すゲームができるし、タフになってきている」と評価。これで11年ぶりの全国選手権へあと1勝とした。
 ただ、決勝はエースストライカーの横山が累積警告で出場停止。本来トップ下のMF倉谷匠(3年)も骨折で不在だった全国総体から欠いたままだ。だが、イレブンは「(決勝に出られないのは)かなりつらい。でもチームのためになるように紅白戦で八千代の10番(石川)の役をやる」と前を向いた横山、そして倉谷を全国へ連れて行くことを誓っている。長谷部主将は「横山、倉谷ともう1回試合をする」と言い切った。
 黒須が「次負けたら(これまでと)変わらない。絶対に全国へ出たい」と口にした11年ぶりの全国選手権を懸けた戦い。これは仲間ともう一度プレーするための負けられない戦いでもある。

(取材・文 吉田太郎)

特設:高校サッカー選手権2009

TOP