beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎F勝利も「吉報」届かず

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.5 J1第34節 柏 2-3川崎F 柏]

 J1は5日、最終節を行い、千葉県柏市の日立柏サッカー場では2位・川崎フロンターレ柏レイソルと対戦。勝てば逆転優勝の可能性のあった川崎Fは3-2で勝ったが、首位・鹿島も勝ち点3を加えたため、2位でシーズンを終了した。

 勝ち点3獲得を告げるホイッスルの数秒後、川崎Fに届いたのは「鹿島勝利」の報だった。その瞬間、DF森勇介がピッチに崩れ落ち、FWジュニーニョが、そしてMF谷口博之が力なく座り込む。逆転優勝するためには勝つしかなかったアウェー・柏戦。川崎Fイレブンは優勝するための最低限の結果を残したが、“シルバーコレクター”の名を返上することはできなかった。

 鹿島との勝ち点2差をひっくり返すために勝利だけを目指した川崎Fは、前節新潟戦と同じ先発メンバーで「決戦」に臨んだ。4-4-2システムのGKは川島永嗣で4バックは右から森勇介、寺田周平、伊藤宏樹、村上和弘。田坂祐介と横山知伸をダブルボランチに左MFが中村憲剛、右がレナチーニョ。2トップは鄭大世とジュニーニョが先発した。対する柏も4-4-2システムでGKが菅野孝憲で4バックは右から小林祐三、パク・ドンヒョク、近藤直也、橋本和。中盤は栗澤僚一と大谷秀和を中央に右が杉山浩太で左が大津祐樹。2トップはフランサが澤昌克とコンビを組んだ。

 先制ゴールを決めたのはジュニーニョだった。前半30分、右サイドから中央のスペースへと入りこんだ森がレナチーニョにボールを預けて逆サイドへと回り込む。ここへレナチーニョがヒールパスを送ると森がDFと交錯して転倒。微妙な判定だったが、西村雄一主審は迷わずPKスポットを指差した。柏サポーターの大ブーイングの中、ジュニーニョが右足を振りぬくと、GKの逆を突いたシュートはゴール右へと決まった。

 試合序盤は勝利しかない川崎Fをあざ笑うかのように柏が攻撃を繰り出していた。前節J2降格の決まっていた柏だったが、フランサを起点にボールを動かすと、12分には杉山、18分にはフランサが決定的なシュートを放つ。川崎Fは川島の好守で何とか難を逃れていた。その劣勢から流れを自らへと傾けるエースの一撃。運も味方した川崎Fはこのゴールで乗った。

 39分にはカウンターからPAやや外の位置でボールを受けたジュニーニョがゴールを狙う。DFに当たりゴール前に弾んだボールに誰よりも早く反応したのは、オフサイドギリギリの位置から飛び出してきた鄭。GKに間合いを詰められたが、最後はゴールへと押し込んだ。
 さらに40分、微妙な判定での連続失点でリズムを崩したか、柏は菅野がPA内で痛恨のパスミス。これを拾ったレナチーニョがゴールへ向かってボールを放り込む。ジュニーニョが詰めようとしたボールは柏DFが間一髪でクリアするもこぼれ球を左サイドで拾った中村がわずかに空いたシュートコースへコントロールショット。これがゴール右隅へと吸い込まれ、3-0となった。

 鹿島と浦和の試合は前半を終了して0-0。この時点では優位に立っていた川崎F側のスタンドの期待と興奮も高まる。だが後半、J2降格の決まった直後の試合でスタンドを黄色く染めたサポーターに応えるため、柏が猛追撃を見せる。8分に大谷に代えてMF菅沼実を投入。14分には小林が2枚目の警告により退場してしまうが、23分にフランサがPKを決めて2点差に迫る。柏は守備への意識が高まった川崎Fをさらに攻め込むと、33分には左サイドの菅沼がPAへ送ったボールをスピードに乗ったまま受けたフランサが右足でゴールへと押し込んだ。
 ただ、柏は39分に杉山も退場し9人となり力尽きた。一方の川崎Fは相手の反撃を振り切ったものの、待ち焦がれた歓喜は訪れなかった。

(取材・文 吉田太郎)

TOP