beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

去就注目のフランサ「ここに残りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.5 J1第34節 柏 2-3 川崎F 柏]

 すでに来季のJ2降格の決まっている柏レイソルは前半、微妙な判定にミスも重なり3連続失点。さらに後半14分にはDF小林祐三が2枚目の警告を受けて退場と窮地に立たされた。
 だが、ここから猛反撃を開始。24分にFWフランサがPKを左隅へ決めると、34分にはMF菅沼実が左サイドからPAへと送ったラストパスに反応したフランサがトラップと同時にDFの前に出てそのまま右足シュートを右サイドネットへと押し込んだ。

 目の前で優勝を阻止するための雨中の猛追。フランサは「ハーフタイムにスタッフからオーガナイズすることが大事だといわれた。チャンスも増やして2点を取ることができた」。ホームのムードは最高潮に達したが39分にMF杉山浩太が2枚目の警告を受け、9人での戦いを強いられると、もう1点をもぎ取る力は残っていなかった。

 試合後、今季限りで退団することが決まっている選手がサポーターたちに向けて挨拶。言葉を詰まらせながらコメントしたGK南雄太やMF山根巌らがサポーターたちへの感謝を述べた。去就が注目されるフランサはセレモニー後、取材陣に対し「このチームが求めてくれるなら、黄色のユニフォームを着てここでやりたい。(J1昇格した)2006年の再現がしたい。(メンバーは入れ替わるだろうが)チームのベースは残るので90%昇格できるのではないか」と語った。

<写真>柏FWフランサ(10番)
(取材・文 吉田太郎)

TOP