beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ナイキカップ][高校MOM248]市立船橋DF鈴木潤(2年)_優勝候補対決で完封勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[高校サッカー マン・オブ・ザ・マッチ]
[6.12 THE NIKE CUP JAPAN GSグループA第1戦 横浜FMユース 0-1 市立船橋高 時之栖]

 優勝候補同士の一戦は最少得点で決着。後半19分の決勝点で勝利した市立船橋高(千葉)に勝ち点3をもたらしたのは伝統の堅守だった。指揮を執った曽我光利コーチはマン・オブ・ザ・マッチに、好守と最終ラインでのリーダーシップを発揮した2年生CB鈴木潤を指名。「よく声を出していたし、一番跳ね返してくれていたと思う」とそのプレーを讃えた。

 毎年のようにハイレベルなCBを生み出す市船橋の次世代を引っ張る左利きのCB。昨年の日本クラブユース選手権(U-18)大会得点王のMF松本翔ら擁する横浜FMユースの攻撃陣に対して「相手は個人技術が高いので、いつも以上に守備意識を高くもっていった」という。「1点取った後、攻撃が単調になってしまったことが反省点」と勝利にも満足はしていなかったが、強豪からの勝利に確かな手ごたえを得ていた様子。7月11日に味の素スタジアムで行われる「THE NIKE CUP JAPAN FINAL」へ向けて「自分たちは2年生だけど、力を合わせてやれば勝てる。優勝します」。伝統の堅守でゴールを死守し、全国の頂点に立つ。

(取材・文 吉田太郎)

▼関連ニュース
[ナイキカップ]“精鋭部隊”「NIKE ELITE SELECTION EAST」が旭に逆転勝ちでGS突破
[ナイキカップ]“ゲキ”で奮起した横浜FMユース、7.11への望みつなぐ(横浜FMユースvs藤沢清流)
[ナイキカップ]浦和ユース、アシカン2発など7.11ファイナルへ好発進(浦和ユースvs旭高)
[ナイキカップ]強豪対決は市船橋制す!(横浜FMユースvs市船橋)
[ナイキカップ]7月11日ファイナルを懸けた争いが本格的に開幕

TOP