beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本、凱旋会見。岡田監督「脈々と繋がってきている日本人の魂を持って戦ってくれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 南アフリカW杯で、自国開催以外では初となる16強入りという快挙を成し遂げた日本代表が1日夕、関西国際空港から帰国した。

 岡田武史監督をはじめ、選手やスタッフらがロビーに現れると、駆け付けた約4200人のファンが暖かい声援&黄色い声援を送った。一躍時の人となった本田圭佑はサングラスをしていたため表情が読み取れなかったが、選手たちは一様に笑顔をみせ、ファンの出迎えを喜んだ。

 なお、田中マルクス闘莉王は父親が病気のため、南アフリカからチームと離れてブラジルに向かい、帰国はしなかった。

 指揮官や選手は到着後、近隣のホテルに移動して記者会見を行った。岡田武史監督は「このチームは本当に素晴らしいチームだったんで、もう1試合やらせたかった。出場している選手、していない選手関係なく、みんながチームが勝つためにということを考えて、そのために何をするんだと、チームが勝つためにということを前提に、みんなが考えて動いてくれた。自分たちで考えて、自分たちで戦った。僕もたくさんのチームを作ってきましたけど、その中でも1、2を争う素晴らしいチームだった。ピッチの中でも、日本の代表として、日本人の誇りを持って、脈々と繋がってきてる日本人の魂を持って戦ってくれた。この選手たちを誇りに思います」などと振り返り、このチームを指揮できた喜びを明かした。

 また岡田監督はすでに退任を表明してるが、この日も改めて、今後、日本代表の監督を務める可能性がないことを明言した。

 ゲキサカではのちほど、岡田監督をはじめ、各選手のコメントを紹介します。少々、お待たせするかもしれませんが、アップいたしますので、しばらくお待ちください。それまでの間、下記の“日本代表激闘録”を読み、改めて日本の南アフリカW杯での奮闘を思い返してみてください。今でも興奮、涙、感動がよみがえります!!

全試合写真集
カメルーン
オランダ
デンマーク
パラグアイ

<写真>関西国際空港に到着した日本代表一行。最前列はサングラス姿の本田圭佑

TOP