beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[アジア大会]登里2発! 7人初先発の日本、キルギスに3-0で3連勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[11.13 アジア大会GL第3戦 U-21キルギス代表 0-3 U-21日本代表 広州]

 控え組が奮闘し3連勝! 中国・広州で開催中の第16回アジア競技大会で、グループAのU-21日本代表は13日、グループリーグ第3戦でU-21キルギス代表と対戦し3-0勝利。すでに決勝トーナメント進出を決めていたが、3連勝と最高の形で予選を終えた。

 日本はすでに決勝トーナメント進出を決めているため、この日はメンバーを8人入れ替えた。そのうちGK増田卓也、DF當間建文、DF菅沼駿哉、MF大塚翔平、MF登里享平、FW工藤壮人、FW富山貴光の7選手が今大会初先発とフレッシュなメンバー構成となった(先発はコチラ)。

 控え組が中心で挑んだが、日本は底力を発揮した。開始5分、川崎F時代に関塚隆監督の下でプレーし、この日が20歳の誕生日だったMF登里享平が起用に応えて先制点を奪う。幸先の良いスタートとなった日本だが、前半は追加点を奪えずに1-0のまま折り返した。

 後半、早い時間帯にゴールが欲しい中、再び登里が魅せた。後半16分に追加点を決めて2-0と試合を決める。キルギスは後半31分にGKが一発レッドカードで退場。慌てふためく中、日本は後半34分、FW富山貴光がゴールを決めて3-0とダメを押した。

 登里、富山ともに今大会初ゴール。まさまに控え組が意地を見せる形で3-0快勝をもぎ取った。日本は後半、MF山村和也に代えてMF山口螢、DF鈴木大輔に代えてDF薗田淳、FW富山に代えてMF水沼宏太を投入と、主力組を入れて逃げ切り&試合に慣らすことにも成功。次につながる形で試合をしめた。グループA首位通過の日本は、決勝トーナメント1回戦は16日でグループD3位のインドと対戦することになった。


(文 近藤安弘)

第16回アジア競技大会特設

TOP