beacon

仙台が前鹿島マルキーニョスの獲得に動く

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ベガルタ仙台が前鹿島アントラーズ所属のFWマルキーニョスの獲得に乗り出していると、15日のサンケイスポーツが報じている。マルキーニョスは契約満了に伴い、2010年限りで鹿島を退団している。

 7年ぶりのJ1復帰となった昨季、仙台は18チーム中11番目の40得点と得点力不足に苦しんだ。シーズン中にFC東京からFW赤嶺真吾を獲得し改善の兆しはあったが、シーズンを通して決定力不足が目立った。クラブは今オフ、元日本代表FW柳沢敦を獲得したが、さらなる戦力アップへ、外国人選手の補強を模索。そんな中、2010年シーズンは11得点し、J1通算109得点のマルキーニョスに着目。交渉を進めているという。

 マルキーニョスは2007年に鹿島で柳沢と2トップを組んだことがあり、移籍が決まれば楽しみなコンビ復活となる。年齢面が心配されるが、ともに献身的なプレーもできるタイプ。獲得が決まれば仙台の飛躍へ向け、頼もしい戦力となることは間違いないだろう。


▼関連リンク
2011年Jリーグ移籍情報

「ゲキサカ」ショート動画

TOP