beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏、レアンドロ弾で大宮に勝利。暫定首位をキープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.23 J1第7節 大宮0-1柏 NACK]

 J1第7節が23日に各地で行われ、NACK5スタジアム大宮では大宮アルディージャ柏レイソルが激突した。前半は大宮が主導権を握ったが無得点に終わり、後半10分に柏が、MFレアンドロ・ドミンゲスの開幕・清水戦(3-0○)に続くゴールで先制に成功。敵地でこの1点を守り切り、柏が開幕から連勝して暫定首位をキープした。

 大宮は4-4-2を採用。GKは北野貴之、DFラインは右から杉山新、深谷友基、金英權、村上和弘。ダブルボランチは青木拓矢と上田康太、右MFは渡部大輔、左MFは東慶悟が務めた。2トップはラファエルと李天秀が組んだ。

 対する柏は4-2-2-2(4-4-2)を採用。GKは菅野孝憲、DFラインは右から酒井宏樹、パク・ドンヒョク、近藤直也、ジョルジ・ワグネル。ダブルボランチは大谷秀和と栗澤僚一、右MFはレアンドロ・ドミンゲス、左MFは茨田陽生が務めた。2トップは田中順也と大津祐樹が組んだ。

 開始1分、いきなり柏がチャンスをつかんだ。ゴール正面やや左でワグネルがミドルシュート。これはDFにブロックされたが、運よくゴール前にこぼれ、田中が走り込んだ。右足を合わせようとしたが、ジャストミートできずに終わった。その後、すぐさま大宮がセカンドボールをうまく拾い、攻撃をリードする時間が増えた。前半6分、ラファエルの右クロスから李天秀が右足でシュート。直後、今度は東が左足でミドルシュート。いずれも決め切れなったが、大宮が攻め立てた。

 球際の強さとサイドからの攻撃でリズムをつかんだ大宮。柏はショートパスとレアンドロの個人技を活かそうとするが、中盤からFWへのパスでミスが多く、リズムをつかめないでいた。前半19分、大宮は左サイドで東、李天秀とつなぎゴール前へパス。最後は村上が左足でシュートを放ったが、GK菅野にセーブされた。同28分には、渡部が柏DFのパスミスを奪って右足シュート。しかし、これも決め切ることができなかった。

 柏も徐々にリズムを取り戻す。前半30分、こぼれ球をつないでサイドから連続してクロスを入れる。酒井、大谷が右から入れ、さらに田中が左からクロス。いずれも大宮守備陣に弾かれたが、攻める時間が増えていった。

 そんな中、再び大宮にチャンスが訪れた。右サイドを攻略し、最後はラファエルがPA内右からシュート。これはGK菅野に弾かれたが、ファーサイドで李天秀が拾ってゴールへ向かおうとした。この際、飛び出した菅野と交錯。李天秀をはじめ大宮イレブンはPKをアピールしたが、木村博之主審の笛はならなかった。。前半ロスタイム、大宮はゴール前で渡部がラファエルとのワンツーで抜け出すが、GK菅野に先に触られシュートまで行けず、結局、前半を0-0で折り返した。

 後半、ともにメンバー変更なくスタート。試合前に降っていた小雨も止み、プレーしやすい状況となった。そんな中、立ち上がりに柏が先制点を奪った。後半10分、PA右で田中順也が左足でミドルシュート。これはGK北野が反応したが、ボールに回転がかかっていたこと、またさらにDFに当たってコースが変わったため弾き出すのがやっとだった。このこぼれ球をレアンドロ・ドミンゲスが拾って右足を一閃。ポストの左側に当たってゴールインし、敵地で1-0のリードに成功した。

 ホームで負けられない大宮は、サイドを上手く使って押し込むが、なかなか決定機をつかめない。ラファエル、李天秀の2トップには柏守備陣も集中して対応した。後半30分、大宮が両軍最初の選手交代を行った。上田に代えてMF藤本主税を投入。システムを4-5-1に変更し、藤本はトップ下に構えた。左MFの東がボランチに回り、FWの李天秀は左MFに下がった。

 大宮は後半32分、青木から左の李天秀につなぎ、仕掛けて左クロス。柏DFの間を上手く通したが、中で合わせる選手がおらずクリアされた。同35分、大宮は杉山に代えてFW石原直樹を投入。再び4-4-2に変更し、石原とラファエルが2トップを組み、藤本が右MFに回った。

 柏も選手を入れ替えて対応した。後半36分、栗澤に代えてMF澤昌克を投入。さらに酒井に代えてDF増嶋竜也を入れた。さらに同39分、大津に代えてFW工藤壮人を送り出した。同41分、柏は右サイドを攻略し、最後は工藤がPA右へ。この際、工藤は大宮の金英權との対峙で倒れた。引っ張られて倒されたとして工藤や柏イレブンは訴えたが、判定は覆らなかった。

 ロスタイムは4分。大宮は必死で攻め込む。46分、左サイドから東のクロスに、ファーサイドで石原が頭を合わせたが、威力がなかったうえ、GK菅野の正面を突いてしまった。試合はそのまま1-0で終了。柏が開幕からの2連勝で暫定首位をキープ。大宮は今季初黒星を喫した。

(取材・文 近藤安弘)

TOP