beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中央大FWがロンドン五輪アジア2次予選を戦うU-22北朝鮮代表に選出

このエントリーをはてなブックマークに追加

 中央大のFW安柄俊(3年=東京朝鮮高)がロンドン五輪アジア2次予選に臨むU-22北朝鮮代表に選出された。北朝鮮は19日にホームのUAE戦(平壌)、23日にアウェーのUAE戦(UAE)を戦う。

 安は今年4月9日にホーム(平壌)で行われたAFCチャレンジカップのネパール戦で前半40分から途中出場し、A代表デビューを果たした。「2万人近い観客がいて緊張しました。あんなところで初めてやりました」と大観衆の前でプレー。得点こそならなかったものの、4-5-1の2列目に入り、果敢にゴールを狙っていた。

 A代表の監督からは「バイタルエリアでの仕掛けはいいけど、フィジカル的な強さが足りない」との評価を受け、初の代表の場では何よりも味方選手のフィジカルの強さに驚いたという。一足先にA代表デビューを果たし、今回はU-22代表へ招集された。

 予選を勝ち上がればロンドン五輪出場も見えてくるが「アジア予選を勝ち進めば五輪には出れますけど、まずは(大学の)リーグ戦でしっかり戦いたい」と安は話した。今後は5日のリーグ第6節・慶應義塾大戦を戦ったあと、6日に日本を出発する予定となっている。

(取材・文 片岡涼)

TOP