beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権]連覇達成!!東京Vユース選手コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.31 日本クラブユース選手権(U-18) 東京Vユース1-0神戸U-18 ニッパ球]

 adidas CUP 2011 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は31日、神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場で決勝戦を行った。東京ヴェルディユースがヴィッセル神戸U-18にFW南秀仁の2戦連続ゴールで1-0で勝利。2年連続14回目の夏の王者に輝いた。

●DF長田海人
「きょうは予想と違って、結構厳しかった。自分の出来については、よく我慢して無失点に抑えられたと成長したのかなと思う。連覇できたのもみんなが決勝に連れてきてくれたからだし、みんなの力なので本当に感謝したい」

●DF吉野恭平
「優勝できてうれしいです。自分の出来はまだまだですが、このクラブユースに入って、だんだん良くなってきて。全試合でフル出場できたので良かったです」

●DF田中貴大
「チームが一丸となれていたので、優勝できるなとは思っていました。クラブユースが始まる前に足首をケガしてしまって、リハビリをしていた。復帰したのが京都戦の前日だったんですけど、それなのに試合にも出してもらって。コンディション的には良くなかったですけど、フル出場できたので良かったです」

●DF舘野俊祐
「連覇できて、すごく嬉しいですけど、この大会を通じて自分が一番チームメイトも監督も含めて、チームに迷惑をかけてしまったなと思う。でも最終的にはピッチに立てたし、優勝できたのが本当に良かったと思います」

●MF楠美圭史
「本当に最高です。キツかったんですけど、なんとかみんなで踏ん張ることができて良かったです」

●MF杉本竜士
「チームが一丸となって最後は優勝で終われてよかった。活躍できたのはチームメイトがいてくれたから。南とか豪とか海人とか、3年生がいてくれるし、みんなのサポートがあった。(ハードワークでは)俺はこんなに勝ちたいんだぞっていうのを出せたと思う。そういうのを周りも感じ取ってくれた」

●FW菅嶋弘希
「2連覇できたことが本当に嬉しい。来年、再来年も続けて優勝できたらいいと思う。自分は最初の試合では2得点決められましたが、その後は出れない試合もあった。出れなかったときも外から色々見て、勉強できたと思います」

●MF中島翔哉
「まさかのベストヤングプレイヤー賞でした(笑) 多分アヤックスの練習に来年の4月に1週間くらい参加できるみたいです。(練習参加では)アピールしてきます!!でも、こういう賞をもらうと来年がプレッシャーですね。これからはもっと今までよりも、ドリブルとか個の力を磨いて、チームのために頑張りたいです」

●MF安在和樹
「優勝できて嬉しい。自分のプレーはまだまだ。攻撃面とかボールをつなぐ部分に課題がありました。つなぎの部分とかでしっかりできるようになって、これからは貢献していきたいです」

●FW南秀仁
「点を決められたのは良かったですが、それ以外は何もできなかったので20%の出来でした。決勝へ向けては、このチームでやりたいというのがあったので達成できて嬉しいです。決定機も少なかったので、数少ないチャンスを決めていれば、もっと楽に勝てたのかなとは思いますが、それが決勝の難しさだと思います」

●FW高木大輔
「嬉しいけど、悔しいような複雑な気持ちです。でも連覇できたことは本当に喜びたいです。点を取れないなかでも、守備でチームのために貢献できることがあると分かりました。これからは攻撃でも1本シュートを打って、1点取るくらいの気持ちでやっていきたいです」

●MF端山豪
「優勝して嬉しいけど悔しい大会でした。竜士くんと全国制覇をするという約束をしていましたが、自分はこの大会では全然できていないので。次には絶対に頑張ります」

TOP