beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ユニバ]MF宮阪政樹(明治大)「自分にできることをやって貢献したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第26回ユニバーシアード競技大会が8月11日に中国・深センで開幕します。前回大会では3位だった全日本大学選抜ですが、今大会の目標は「優勝」。昨秋のアジア競技大会ではU-21日本代表の一員としてアジアを制したMF山村和也やDF比嘉祐介、GK増田卓也、FW富山貴光らタレント揃いの全日本大学選抜がいよいよ世界に挑みます。ゲキサカでは全日本大学選抜のユニバーシアード代表メンバー全選手のインタビューを掲載します。

 第13回目はMF宮阪政樹(明治大4年=F東京U-18)選手です。豊富な運動量でユニバーシアード代表の中盤を支える一方、ピッチ内外では頼れるキャプテンとして奔走中。真摯にサッカーへ取り組み、責任感と面倒見の良さで様々な学年の選手たちを取りまとめています。多くの選手から「マサキがいるから大丈夫」と絶大な信頼を得ている宮阪選手の今大会へ向けての意気込みとは?

―主将として大会に臨むことになりました。
「このチームの立ち上げからやっていたので、その流れでやることになりました。特にスタッフからキャプテンと言われたわけではないですけど、一応という感じです」

―本大会が近づいてきました。どのような部分でチームに貢献を?
「明治でもそうなのですが、自分にできることをやって、それが結果的にチームに貢献できればと思っています。自分の持ち味である運動量やキックのところを生かしていきたいと思います」

―世界相手に個人的に挑みたい部分は?
「運動量ですね。あとはキック精度の部分でロングボールなどは自分のストロングポイントだと思っています」

―世界大会へ向けての不安は?
「今は合宿に集中できているので、不安とかの問題はないです。連戦になりますけど、総理大臣杯で同じような連戦を経験している選手もいるので、大丈夫かと思います。(連戦の影響で)選手が変わりながらやるとは思うのですが、疲れた選手が出て、誰かと交代しても、変わらずに同じサッカーができるので。問題はないと思います」

―このチームの強みは?
「4年生が多いのですが、その中でも下級生もいるので。その下級生の若い力のなかで、4年生が上手くバランスを見ています。そんなチームの元気なところだったり、そういう部分が強みだと思います」

―主将としてどういう風にチームをまとめていくのか?
「基本的には自分やマス(増田)など、真面目な人がいるので。自分だけではなく、真面目な人を引き連れて、上手くチームをまとめていけたらと思っています」

(取材・文 片岡涼)
▼関連リンク
ユニバーシアード2011特集ページ

TOP