beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮崎産業経営大が浦和との2回戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9・3 第91回天皇杯1回戦 宮崎産業経営大 5-1 熊本教員蹴友団
宮崎市]

 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会が3日に開幕。全国各地で1回戦が行われた。宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場で開催された宮崎産業経営大(宮崎)対熊本教員蹴友団(熊本)戦は宮崎産業経営大が5-1で快勝し、浦和レッズと対戦する2回戦(10月10日、埼玉)へ進出した。
 
 熊本日日新聞によると宮崎産業経営大は前半29分、ショートパスをつなぎ、最後はMF村山充(3年=鵬翔高)が押し込んで先制。前半終了間際にもオウンゴールで加点すると後半も豊富な運動量と幅広くピッチを使った攻撃で相手を圧倒しMF五領淳樹(4年=神村学園高)、FW島屋八徳(4年=折尾愛真高)、FW藤山由昂(4年=アミーゴス鹿児島)がゴールを破った。初出場の熊本教員蹴友団は試合終了間際にMF増村孝弘がPKで1点を返し、意地を見せた。


▼関連リンク
第91回天皇杯特設ページ

TOP