beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“震災祝い横断幕”…全北現代、公式HPに掲載した謝罪文全文

このエントリーをはてなブックマークに追加
 韓国の全州で行われた27日のACL準々決勝第2戦・全北現代(韓国)vsセレッソ大阪で、全北現代側のスタンドに日本語で「日本の大地震をお祝います。」(原文のまま)と書かれた横断幕が掲げられた問題で、全北現代は29日、クラブのホームページに謝罪文を掲載した。

 日本語ではなく韓国語で掲載されており、日本人に対しての誠意・配慮が足りないと言われてもしかたのない様式となっている。また、掲載箇所はいわゆるポップアップウィンドウによるもので、サイト本体には掲載されていない。PCブラウザによっては初期設定でポップアップがブロックされている場合があり、必ずしもスムーズに閲覧できないケースがある。

以下、謝罪文全文
※韓国語から日本語へ、編集部翻訳

『ACL関連謝罪文』

 先日27日に全州ワールドカップスタジアムで開かれたアジアチャンピオンズリーグにて、一部のファンによる不誠実な行動により騒動を引き起こした点について、全北現代を愛し、サッカーを愛する人々に謝罪いたします。

 今回の事件は一部のファンの誤った考えによって起こったもので、本来ならば勝利の喜びに浸るべき今、我々のチームは大きな困難と痛みに直面しています。

 今回の事件で失意に沈んだ日本国民とサッカーファンに、心からの謝罪の言葉を伝え、今後このようなことが2度と起こらないように努力する所存です。


▼関連リンク
ACL2011特設ページ

TOP