beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグイースト]熾烈なV争い!東京Vユースが6発首位奪取!!:第17節

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ イースト

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグイーストは4日、第17節を行い、前節まで2位の東京ヴェルディユース(東京)が首位に立った。プレミアリーグイーストは11日に最終節を行い、優勝チームは17日に開催される「チャンピオンシップ」(埼玉)でプレミアリーグウエスト優勝のサンフレッチェ広島ユース(広島)と戦う。

 前節まで東京Vユースに勝ち点3差をつけて首位だったコンサドーレ札幌U-18(北海道)は、アウェーで浦和レッズユース(埼玉)と対戦。後半34分に一瞬の隙を突かれて浦和トップチーム昇格内定のMF矢島慎也に先制ゴールを奪われてしまう。反撃に出た札幌U-18だったが、逆に39分にも矢島にPKを決められて0-2で敗れた。

 一方、東京Vユースはともにトップチーム昇格内定のMF杉本竜士とFW南秀仁のU-18日本代表コンビが2ゴールずつを決めるなど尚志高(福島)に6-1で勝利。勝ち点で並んだ札幌U-18を得失点差で1点上回った。

 3位・清水エスパルスユース(静岡)はFW加賀美翔の決勝ゴールによって青森山田高(青森)に2-1で勝利。得失点差で上位2チームから大きく引き離されて絶望的な状況だが、首位とは勝ち点3差で数字上は逆転優勝の可能性を残す。優勝争いは最終節の試合終了の笛まで分からない展開となった。

 このほか、流通経済大柏高(千葉)と静岡学園高(静岡)との高校勢対決はU-18日本代表候補MF古波津辰希の先制ゴールなど流通経済大柏が2-0で勝利。9位・三菱養和SCユース(東京)と10位・FC東京U-18との残留争いは、F東京U-18がCB石原良将の2ゴールなどによって勝ち、残留圏内の8位へ浮上している。

【プレミアリーグイースト第17節】
(12月4日)
[アウトソーシングスタジアム日本平]
清水ユース2-1青森山田高
[清]影山貴紀(27分)、加賀美翔(54分)
[青]丹代爽弥(67分)

[流通経済大柏高G]
流通経済大柏高2-0静岡学園高
[流]古波津辰希(67分)、中村慶太(84分)

[ヴェルディG]
東京Vユース6-1尚志高
[東]杉本竜士2(6、43分)、舘野俊祐(17分)、オウンゴール(65分)、南秀仁2(88、90分+3)
[尚]皿良優介(25分)

[埼玉スタジアム2002第2G]
浦和ユース2-0札幌U-18
[浦]矢島慎也2(79、82分)

[西が丘サッカー場]
三菱養和SCユース0-3F東京U-18
[東]野沢英之(23分)、石原良将2(49、81分)


※日程は変更あり
特設:プレミアリーグイースト
(構成 吉田太郎)

TOP