beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグイースト]札幌U-18が最終節逆転V!!日本一懸けて「チャンピオンシップ」で広島ユースと対戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ イースト
[12.11 高円宮杯プレミアリーグイースト第18節 FC東京U-18 1-2 札幌U-18 深川]

 札幌U-18が逆転V! 高校年代の全国リーグ、高円宮杯プレミアリーグは11日、各地で最終節を行い、東京都江東区の東京ガス深川グラウンドで開催されたイースト(東日本地区)最終節の8位・FC東京U-18(東京)対2位・コンサドーレ札幌U-18(北海道)戦はMF中原彰吾の決勝ゴールにより、札幌U-18が2-1で勝利。勝ち点で並んでいた首位・東京ヴェルディユース(東京)が最下位の三菱養和SCユース(東京)に0-1で敗れたため、札幌U-18の逆転優勝が決まった。一方、F東京は9位で降格が決定。札幌は12月17日に埼玉スタジアム2002で開催される「チャンピオンシップ」でプレミアリーグウエスト優勝のサンフレッチェ広島ユース(広島)と高校世代日本一をかけて激突する。

 2-1で勝利した札幌イレブンがベンチへ向かって駆け寄ってくる。駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場で開催されていた東京V対三菱養和戦は三菱養和リードという情報こそ得ていたが、試合結果がまだ入ってきていなかった。もし東京Vが逆転勝ちすれば、その瞬間、得失点差で劣る札幌の2位が決定する。それだけに挨拶のためサポーターの元へ足を踏み出した選手たちは祈るような表情を見せていた。だが次の瞬間、「ヴェルディ敗戦」の報。CB永井晃輔主将は「奇跡が起こった」と信じられないという表情を見せていたが、札幌イレブンは手にしていたドリンクボトルを振り回し、ウォーターシャワーで優勝を喜び合った。

 逆転優勝をかけたF東京戦。目の前のF東京に勝利することはもちろん、得失点差で1点、総得点で7点下回っている首位・東京V以上の得点差をつけることが求められていた。四方田修平監督が「3点差つけることが目的だった」と話した通り、札幌は立ち上がりからアグレッシブに相手ゴールへ迫る。そして前半11分には左サイド、敵陣に少し入った位置でボールを受けた左SB堀米悠斗が約40m先のゴールへ向けて左足を振りぬく。「GKも見ていなかった。ボクは狙ったところには蹴れないんで(笑)。思い切ってやること」と無欲で放った無回転ミドルは高く舞い上がった後、急激に変化。GKの頭上を射抜いてそのままゴールへと突き刺さった。

 先制した札幌は追加点を狙ってさらにラッシュ。その正確なパスワークに対してF東京はなかなかボールを奪うことができず、奪ってもロングボール中心の単調な攻撃は札幌の誇る鉄壁のCBコンビ、U-18代表候補CB奈良竜樹と永井に跳ね返され、セカンドボールを中原とU-18代表MF荒野拓馬に次々と拾われてしまった。それでも9分にはU-17W杯日本代表MF野澤英之が頭でPAへ送ったボールからCB石原良将が決定機を迎え、23分にはSB鴨池陽希の左クロスにファーサイドから走り込んだFW冷岡幸輝のヘディングシュートがゴール右ポストを叩く。また前半はシュート数4対11という状況だったが、右サイドからの折り返しを荒野が叩いた左足シュートや、FW近藤勝成のスルーパスに反応したMF神田夢実にPAへ走り込まれるなど決定機を何度も作られながら、GK谷俊勲のビッグセーブで追加点を許さない。
 
 勝利以外はプレミアリーグから降格する可能性のあったF東京は、1点差のまま必死に食らいついた。そして後半20分、F東京は後半のファーストシュートで同点に追いつく。MF福森健太の右FKをファーサイドの石原が頭で折り返すと、中央へ飛び込んだFW岩田拓也が頭で合わせて1-1。これで流れを引き寄せたF東京は、複数でボールホルダーを囲い込んでボールをもぎ取り、カウンターを繰り出すなど自分達のペースで試合を進める。

 ただ勝ったのは札幌だった。28分にMF中川雄貴のヒールパスから神田の放った決定的な右足シュートはゴールのわずか左へ外れたものの39分、右SB前貴之の左FKを中央へ飛び込んだ中原が頭で合わせて決勝ゴール。終盤もF東京をゴールへ近づけずに勝利した。

「北海道全体で勝ち取ったものだと思う。北海道の選手は冬場サッカーをやる環境が大変。ボクたちはまだ恵まれている。他にやられている方に自分たちもやれると思って欲しい」。北海道という厳しい環境の地域ながら、東京勢や浦和ユース(埼玉)、清水ユース(静岡)などの強豪を上回った優勝について、四方田監督は感慨深そうだった。実力と同時に精神面でも力強さがあった。2位と勝ち点3差で迎えた前節の浦和ユース戦は0-2で敗戦。東京Vが6得点を挙げて勝ったことで札幌は首位から陥落していた。ただ指揮官は「トップチームが崖っぷちから這い上がったメンタリティをU-18も引き継いでやろう」。この日のチームには残り2節での4位から逆転でJ1昇格を勝ち取ったトップチームと同じメンタリティーが宿っていた。

 選手層の厚さは他のチームにはない武器だった。終盤は奈良がトップチームで欠かせない存在となり、荒野、SB小山内貴哉、前、FW榊翔太らが、トップチームや年代別の代表で不在となることがあった。四方田監督は「層の厚さが今年の強さかなと思う」と口にしていたが、この日もトップチーム昇格の小山内が出場停止、U-18日本代表のMF深井一樹が負傷欠場というアクシデントを全員で乗り越えて優勝を決めた。

 12月17日の「チャンピオンシップ」ではJユース選手権準々決勝で敗れている広島ユースと再戦する。永井は「北海道の歴史を変えようとやってきた。また歴史を変えたい」。札幌は05年の全日本ユース(U-18)選手権で決勝へ進出しているが日本一の経験はない。それだけに今年初開催となったプレミアリーグイーストを制した札幌はあと1勝して初の日本一で再び「北海道の歴史を変える」。
 
(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
特設:プレミアリーグ

TOP