beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]出場校紹介:那覇西(沖縄)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第90回全国高校サッカー選手権

那覇西
(沖縄)
メンバーリスト↓
2年連続12回目出場


■監督:
玉城真哉
■主将:
下地希一
■創部:
1986年
■部員数:
72名
■主なOB:
MF喜名哲裕(海邦銀行SC、元熊本)ら
■主な戦績:
選手権8強(94年度)、総体準優勝1回、総体出場12回

■全国大会の目標:
ベスト4

<今シーズンの成績>
県総体4強、プリンスリーグ九州2部11位

<予選大会成績>
[決勝]
2○1南風原
[得]新垣航平、山内昌汰
[準決勝]
5○1浦添
[得]山内昌汰5
[準々決勝]
2○1宜野湾
[得]宮地晃太、山内昌汰
[3回戦]
2○0コザ
[得]山内昌汰、具志泰佑
[2回戦]
1○0那覇
[得]下地希一
[予選チームMVP]
FW山内昌汰(3年)
大会最多得点

<チームの特長/予選突破の要因>
 前南風原監督の玉城真哉新監督の下、大会2連覇を果たした。高精度のクロスを武器とする右SB山内悠と県決勝で先制点をアシストした左SB立津雅朝(ともに3年)の両SBの攻撃参加を交えたサイド攻撃が特長。そして県準決勝で大量5得点をたたき出すなど得点力の高いFW山内昌汰や突破力のあるMF下地希一主将(ともに3年)らが決定的な仕事をしてのける。守備面では昨年の全国高校総体、選手権でいずれも全国16強を経験しているGK稲福千秋(3年)の存在が大きい。安定感十分の守護神やキーマンのMF宮城晃太(3年)ら要所を担う好選手らが一丸となり、過去3大会連続で敗れている3回戦を突破し、同校史上最高成績を目指す。下地主将は「去年はベスト16で終わったので今年はそれを越えて、ベスト8以上を狙っていきたい」と誓っている。
[チームコメント]
「今年は特に目立った選手はいないが、攻守に渡って全員で連動して勝ち上がってきた。ワイドからの攻撃で相手DFを深く攻め込みたい」
<全国大会へ向けて>
「那覇西のスタイルを重視し、全員で戦って昨年のベスト16を越えたい」

<注目選手>
・FW山内昌汰(3年)
スピードが武器
・GK稲福千秋(3年)
コーチングとシュートストップ。トータルで絶対的な守護神

<基本フォーメーション>

    山内昌

具志  新垣  下地

   宮城 照屋

立津       山内悠
   徳元 山内盛

    稲福

<登録メンバー>
番号 ポジ 氏名 学年 ※備考

1 GK 稲福千秋 (3年)09年国体
2 DF 玉城楽 (2年)
3 DF 徳元悠平 (1年)11年国体
4 DF 山内悠 (3年)09年国体
5 DF 立津雅朝 (3年)
6 MF 新垣航平 (3年)10年国体
7 MF 具志泰佑 (3年)
8 MF 安村誠也 (2年)
9 MF 下地希一 (3年)09、10年国体
10 MF 宮城晃太 (3年)09年国体
11 FW 山内昌汰 (3年)
12 GK 輿儀孝大 (1年)
13 DF 山内盛多 (3年)
14 DF 下里貴晴 (3年)
15 DF 平良拓貴 (2年)
16 FW 渡久地男樹 (3年)
17 MF 迫秀平 (3年)
18 MF 銘苅風吹 (3年)
19 MF 照屋啓泰 (2年)
20 MF 新城大貴 (1年)11年国体
21 DF 松本光平 (3年)
22 MF 翁長啓人 (3年)
23 MF 高嶺尚太 (3年)
24 MF 平識善史 (1年)
25 DF 高良元気 (2年)
※最終登録メンバー


(協力 那覇西高校サッカー部、構成 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2011

TOP