beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]流れを引き戻したビッグセーブ、市船GK積田「今までの練習の成果」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.9 全国高校選手権決勝 市立船橋 2-1(延長)四日市中央工 国立]

 守護神のビッグセーブが相手に傾きかけた流れを引き戻した。延長前半4分、四日市中央工(三重)のFW浅野拓磨(2年)がPA外から狙ったループシュートにGK積田景介(3年)が背走しながらジャンプ。腕を精一杯伸ばして何とかかき出し、絶体絶命のピンチを逃れた。

「しっかり足を運んで、いい形で弾き出せた。今までやってきた練習の成果だと思う。普段の放課後の練習で、いろんな場面を想定した練習をやってきた。決勝の舞台でああいうセーブができてよかった」

 0-1の後半ロスタイムに起死回生の同点ゴールを決め、もつれ込んだ延長戦。押せ押せとなっていた市立船橋に訪れたこの日最大のピンチを守護神が守り、相手に流れを渡すことなく、延長後半5分の逆転弾につなげた。

 2年時の全国高校総体でも正GKとして日本一を経験している積田にとっては2度目の全国制覇となったが、選手権優勝の喜びは格別だった。昨冬の選手権は控えに回り、チームも千葉県大会決勝で敗戦。個人として、チームとしてリベンジを期した大会で、見事に全国の頂点に立った。「3年の最後の選手権を優勝という形で終わることができてうれしい。小さなことを積み上げてきた結果が、最後にこういう形になったと思う」。市船伝統の堅守を最後尾で支えた守護神。有終Vに満面の笑みを浮かべ、歓喜の余韻に浸っていた。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2011

TOP