beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[JFL]FC琉球が慶應大の主将を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
 JFLのFC琉球は10日、慶應義塾体育会ソッカー部の主将、DF笠松亮太の加入が内定したと発表した。178cmと上背はないが、CBとして的確なポジショニングと判断力、そして正確なフィードが武器。また、リーダーシップの持ち主でもあり、インカレでは主将として慶大を3位に導いた。

 笠松はクラブを通じて「C琉球に入団することができ、大変嬉しく思っています。今まで支えていただいた両親や指導者の方々に感謝の気持ちで一杯です。これからは、FC琉球のために全力でプレーし、J2昇格に貢献できるように頑張ります」と挨拶している。

●DF笠松亮太
■生年月日
1989年6月24日(22歳)
■出身地
神奈川県
■身長/体重
178cm/72kg
■サッカー歴
明治フリーバーズSSS→ヴェルディJY→ヴェルディY→慶應義塾体育会ソッカー部
■主な経歴
▽ヴェルディJY:東京Vジュニアユース主将、クラブジュニアユース優勝、高円宮杯優勝
▽ヴェルディY :東京Vユース副将、クラブユース優勝、高円宮杯優勝
▽慶應義塾体育会ソッカー部:第60回全日本大学サッカー選手権大会3位、関東大学選抜B


▼関連リンク
Jリーグ準加盟クラブ特集ページ

TOP