beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鄭大世が川崎F入り決断の"チョン・テセ2世"中央大FW安へエール

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ケルンに所属する北朝鮮代表FW鄭大世が28日、自身のtwitterで川崎フロンターレ入りを決断した中央大のFW安柄俊(3年=東京朝鮮高)へエールを送った。鄭大世と安はともに在日3世であり、ポジションがFWという共通項がある。プレースタイルは違えど、今後への期待も込めて、安は"鄭大世2世"と評されている。鄭大世は朝鮮大から川崎Fへ入団。その後、世界に羽ばたいた。安は中央大からの川崎F入りを決断。プロとしてのスタート地点も同じ場所となった。

 鄭大世は自身のtwitterで、昨年末に東京朝鮮高で安と一緒にミニゲームをしたときのことを挙げ、「年末に一度東京朝高でゲームしたけど、超エゴイストで同じチームでも俺に遠慮する事無くシュートを打ちまくってた。シュートはほとんど枠にいかなくて、まだまだ荒削りだけど、俺がドイツで無難にプレイしてる自分に忘れてたものを思い出させてくれた。大器の予感」とコメント。

 さらに「あと間違いなく安は俺よりメンタル強い。。。笑 堂々としてたから」と語った。憧れの存在である鄭大世の後押しもあり、安にかかる期待はさらに大きなものとなった。

“チョン・テセ2世”中央大FW安が川崎F入りへ!!

TOP