beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

怪我でアジア予選欠場のU-19代表司令塔・大島「何もしていないのでその分チームで貢献を」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 司令塔が雪辱に燃えている。昨年、U-18日本代表候補のキャプテンマークを巻くなど吉田ジャパンのリーダー格としてチームを引っ張ってきたMF大島僚太(川崎F)だが、肝心のAFC U-19選手権予選直前の新潟合宿で右足を負傷。チームに帯同こそしたものの、1試合も出場することなく、チームメートたちが苦戦する姿を見つめるしかなかった。 

 強豪・川崎Fでルーキーながらボランチの先発を務めるなど各方面から高評価を得ていた大島だが、さすがに昨年は悔しい思いだけ。それだけにU-19代表候補が本格始動したこの日、「何もしていないんで、その分チームに貢献できるように頑張りたいなと思っている」と意気込んだ。

 自らの役割は分っている。「監督が言っているコンセプトとかを理解して、それを自分がスイッチとして動き出せたりとかできれば、チームとしても連動できてくると思う。守備の面でも攻撃の分でもそういう面で浸透させたいと思います」と話す。出身校である静岡学園仕込みの個人技と気の利いたパスで攻撃を彩るキーマン。ただ「(熊谷)アンドリューとか攻撃の面で技術高い選手がいる。自分が守備をやっているときは攻撃は任せられるというのはあるので、そんなに自分が、自分がというようにならないようにしたい」と個人のアピールよりもチーム向上へ力を注ぐことを誓った。

 所属する川崎Fでは開幕戦でベンチを外れる悔しいスタート。だからこそ「チームでやっててもまだできていない部分がある。ここでも意識しながらやりたいと思います」。ただ、練習して評価を勝ち取るだけ。高校2年まではほとんど無名も努力で川崎F入りを勝ち取り、年代別代表にまで上り詰めた。それを今年も続けるだけだ。性格はどちらかというと寡黙であまり闘志を表に出すタイプではないが、人一倍強い向上心を持つ司令塔候補は静かに雪辱の機会を待っている。

(取材・文 吉田太郎)

TOP