beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM589]興国MF和田達也(新3年)_スペイン挑戦控える逸材MF

このエントリーをはてなブックマークに追加

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[3.31 ミズノカップIN高知 広島観音0-2興国 春野球]

 スペイン挑戦を控える注目MFが高知でその技巧を見せ付けた。興国の内野智章監督によると、MF和田達也(新3年)は昨年12月にチームが行ったスペイン遠征中、現地でMFセスク・ファブレガス(バルセロナ)を発掘したコーチやカルレス・プジョル(バルセロナ)のパーソナルコーチを務めていた人物らが行ったサッカークリニックで、そのポジショニングのセンスと正確な技術を絶賛され「スペースを見つけることとそこへ出す技術、(R・マドリーの)シャビ・アロンソができていることができている。(バルセロナの)シャビ・エルナンデスを目指せ」とアドバイスされたという。

 その好プレーと高評価がきっかけとなり、スペインでプロになるためのテストを受けるチャンスを得た。4月にスペイン下部リーグのクラブへ練習参加し、そこで実力を認められれば上位リーグでプロになる可能性もある模様だ。和田は「ひとりでスペインに行くということなんで挑戦しないといけないなと思いますし、海外でプレーしたのでそこでどう自分を売り込むか。自分をアピールしていきたいです。技術は通用すると思います」と意気込んでいる。

「個人的にはまだイージーミスが多かった。ゴールにつながるプレーは意識していたけれど、そこは何回か出せたのでよかったです」と振り返ったこの日も、時間が経つにつれて止まらない存在となり、個人技、スペースへの動きで決定的なチャンスを何度もつくり出した。「状況判断とボールコントロールとパスは自信があります」というMFはインターハイ、選手権出場という夢も持っているが、それよりも今春、まずはスペインで将来の夢を実現させる。

(取材・文 吉田太郎)
ミズノカップIN高知2012特設ページ

TOP