beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高校3年生のDF岩波がオランダの名門PSV入りへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴィッセル神戸の2種登録選手で神戸U-18所属のU-19日本代表DF岩波拓也(17)がオランダ1部エールディビジの名門PSVからオファーを受けていることが26日、分かった。今後は練習参加をへて正式契約を結ぶ見通しで、早ければ高校在学中の今夏にもオランダへ渡る可能性が出てきた。

 昨夏のU-17W杯で18年ぶりのベスト8進出を果たしたU-17日本代表で主将を務めた岩波を、現地で視察したPSV関係者が高く評価。今年3月に東京・国立競技場で行われたU-18Jリーグ選抜対日本高校選抜の試合にもスタッフを派遣。そこでのプレーをあらためて認め、正式オファーに至った。

 岩波は1対1の強さに定評がある大型CB。186cmの長身を生かし、空中戦で強さを発揮するほか、キックの精度や足元のテクニックにも優れている。昨年秋の日本クラブユース選手権(U-18)では準々決勝、準決勝で2試合連続の直接FKを決め、神戸U-18初の決勝進出に大きく貢献した。

 まだ高校2年生だった昨年9月には神戸のトップチームに2種登録され、トップチームにも帯同。Jデビューはまだだが、今季は開幕戦を含め、J1ですでに3試合にベンチ入りしている。

 PSV側との交渉はすでに始まっており、契約の細部を詰めている段階。エールディジビがシーズン終盤となる5月には練習参加も予定されており、その後、正式契約を結ぶ見通しで、早ければ来シーズンが開幕する今夏にも渡欧する可能性が高まっている。

●DF岩波拓也
(いわなみ・たくや)
■生年月日
1994年6月18日
■身長/体重
186cm/72kg
■出身地
兵庫県
■経歴
神戸FC―神戸ジュニアユース―神戸U-18
■代表歴
U-15日本代表(09年)
U-16日本代表(10年)
U-17日本代表(11年)
※U-17W杯2011(4試合0得点:ベスト8)
U-18日本代表(11年)
U-19日本代表(11、12年)

TOP