beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和が命名権取得、駒場の通称が「浦和駒場スタジアム」に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
 浦和レッズは24日、公募していたさいたま市駒場運動公園競技場の通称が『浦和駒場スタジアム』に決定したと発表した。また、さいたま市駒場運動公園補助競技場の通称も『レッズハートフルフィールド駒場』と決定ことも併せて発表している。

 浦和は3月30日に駒場運動公園競技場の命名権(ネーミングライツ)を取得することで、さいたま市と基本合意に達した。そのため浦和は先月1日から20日までの間で名称を公募。浦和によると1748件の応募があり、それをもとにネーミングライツ選考委員会が協議を重ね、決定したとしている。

 なお浦和は現在、さいたま市と契約締結へ向け最終協議に入っているとし、通称利用は契約締結後になるとしている。

TOP