beacon

J2大分がJ1相手に3ゴールで下剋上達成!! 川崎Fは公式戦6試合勝利なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分が下剋上

[7.10 天皇杯3回戦 川崎F 1-3 大分 レゾド]

 天皇杯3回戦が10日、各地で開催された。J2の大分トリニータはJ1の川崎フロンターレに3-1で勝利した。川崎Fは公式戦6試合勝利なしとなった。

 大分は前半15分、2列目から飛び出したMF保田堅心がペナルティエリア内に侵入して決定機を迎えたが、シュートは枠の右に外れた。前半は一進一退の攻防のまま両チームとも得点には至らず、0-0で終了した。

 後半14分、川崎FはMFゼ・ヒカルドがゴール前に浮き球を送ってチャンスを作ったが、大分守備陣が集中した守備でシュートを打たせない。すると大分は同16分、DF松尾勇佑が右サイドからクロスを送ると、DF佐々木旭に当たったボールはそのままゴールネットに吸い込まれた。大分がオウンゴールで先制に成功した。

 さらに後半18分、FW伊佐耕平のポストプレーでMF保田堅心が抜け出してペナルティエリア内に侵入。そのままゴールネットを揺らし、追加点を獲得した。なおも大分は同33分、DFペレイラがPA内で倒されてPKを獲得。これをFW鮎川峻がしっかりと決めて3点差とした。

 川崎Fは後半44分にFWエリソンのゴールで1点を返す。しかし残された時間は少なく、そのまま試合終了。大分がJ1相手に勝利した。

●第104回天皇杯特集

ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP