beacon

ブラジル戦から先発9人変更の日本代表、森保監督「メンバーが変わったなか、良いトライをしてくれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表森保一監督

[6.10 キリン杯 日本 4-1 ガーナ ノエスタ]

 主力を欠いていたとはいえ、カタール・ワールドカップに出場するガーナに勝利したのは自信になったようだ。日本代表森保一監督が快勝したガーナ代表戦後のフラッシュインタビューで試合を振り返った。

 試合前日の記者会見でナナ・オットー・アッド監督が主力不在を認めていたガーナ。一方の日本は6日のキリンチャレンジ杯・ブラジル戦(●0-1)から先発メンバーを9人変更すると、それに応えるように選手たちは躍動した。

 立ち上がりから攻勢を強めた日本は、前半29分に先発起用されたDF山根視来が、MF久保建英、MF堂安律との右サイドの連携で先制点を挙げると、前半終了間際にMF三笘薫が追加点。後半には久保、FW前田大然にA代表初ゴールが生まれ、4-1で勝利を収めた。

「メンバーが変わったなか、良いトライをしてくれた。誰が出ても勝つ。誰が出てもチームとして機能する。ということを選手たちが意思を持ってトライしてくれた」

 選手を称えた森保監督は、「多くの選手をこのワールドカップに出場するガーナとの対戦で試せた」「そこでしっかりと結果を得られた」と自信を手に。6月シリーズの最終戦に向け、「まずはホームで勝つというところ」と意気込み、「今回の6月の4連戦で誰が出ても勝つ。誰と組んでも機能するというところをもう1試合しっかりやりたい」と強調した。

 日本は14日にキリン杯決勝で、チリ代表を2-0で下したチュニジア代表と対戦する。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

「ゲキサカ」ショート動画

TOP