beacon

久保建英がパリ五輪不出場を明言「みんなで話して決まった結論」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF久保建英

 日本ツアーで来日中のソシエダ所属のMF久保建英が28日、千葉県習志野市内で報道陣の取材に応じ、パリ五輪不出場を明言した。「みんなで話して決まった結論。僕がどうしても行きたかったとか、そういう話でもないし、クラブが大前提として難しいというのを僕も納得している」と話した。

 久保のパリ五輪招集を巡っては、日本サッカー協会(JFA)の山本昌邦ナショナルチームダイレクターが24日の日本代表メンバー発表会見で「FIFAルールでIW(インターナショナルウィンドウ)以外は招集できない。クラブとして招集はできないという結論に現状至っている」と厳しい見通しを明かしていた。

 久保は20歳だった2021年、1年遅れで開催された東京五輪に出場し、全6試合に先発出場。メダルを逃した3位決定戦・メキシコ戦後には悔しさから号泣する姿が大きな注目を浴びた。翌22年のカタールW杯敗退後にも「W杯は不完全燃焼だったので、五輪でもしチャンスをもらえるのであれば出たい」と自ら切り出し、パリ五輪への意欲を見せていたが、再挑戦は実現しなかった。

(取材・文 竹内達也)

●パリオリンピック(パリ五輪)特集(サッカー)
●北中米W杯アジア2次予選特集
竹内達也
Text by 竹内達也

「ゲキサカ」ショート動画

TOP