beacon

日本は豪州、サウジとまたも同組!! 2026年北中米W杯最終予選の組合せ決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は8大会連続のW杯出場を目指す

 アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2026年の北中米ワールドカップアジア最終予選の組み合わせ抽選会を行い、ポット1の日本代表はオーストラリア、サウジアラビア、バーレーン、中国、インドネシアと同じC組に入った。

 オーストラリアとは同国がAFCに加盟して初めて臨んだ2010年の南アフリカ大会の予選以降、ブラジル、ロシア、カタールに続いて5大会連続の同組。同国がオセアニア代表で出場した06年のドイツW杯本大会でもグループリーグで対戦しており、因縁の激突となる。またサウジアラビアともロシア、カタールに続いて3大会連続の同組となった。

 同じくポット1のイランはアジア王者カタールの他、ウズベキスタン、UAE、キルギス、北朝鮮と遠征負担の多いA組。また韓国はイラク、ヨルダン、オマーン、パレスチナ、クウェートというオール中東勢のB組に入った。

 W杯最終予選は今年9月に開幕し、続く10月、11月、来年3月、来年6月の国際Aマッチウィークでそれぞれ2試合ずつ、合計10試合を実施。北中米W杯から出場国が48に拡大されるのに伴い、前回までより1組多い6か国×3組で行われ、各組上位2か国の合計6か国がW杯出場権を獲得する。

 なお、アジア枠は『8.5』となっており、最終予選の各組3、4位はアジアプレーオフへ。3か国×2組の総当たり戦を行い、各組1位がW杯出場権を獲得する。またアジアプレーオフの各組2位にもチャンスが残されており、ホーム&アウェーで対戦した勝者が大陸間プレーオフに進む。

 組み合わせは以下のとおり。

▼C組
日本(17)
オーストラリア(23)
サウジアラビア(56)
バーレーン(81)
中国(88)
インドネシア(134)

▼A組
イラン(20)
カタール(35)
ウズベキスタン(62)
UAE(69)
キルギス(101)
北朝鮮(110)

▼B組
韓国(22)
イラク(55)
ヨルダン(68)
オマーン(76)
パレスチナ(95)
クウェート(137)
(※括弧内は最新のFIFAランキング)

●北中米W杯アジア最終予選特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP