beacon

ゴン&寿人に並ぶも…川崎F大久保「マジでうれしくない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.5 J1第1ステージ第2節 川崎F 4-4 湘南 等々力]

 ついに並んだ。FW中山雅史(沼津)とFW佐藤寿人(広島)の持つJ1リーグ通算得点記録にあと1点と迫っていた川崎フロンターレFW大久保嘉人は、前半13分に今季初ゴールとなる1発でJ1通算得点157得点目を奪った。

 中盤でボールを奪った大久保は左サイドを駆け上がるMF狩野健太にボールを預けると、自身はゴール前へと走り込んで狩野のリターンパスを呼び込む。すぐさま右足を振り抜くと、鮮やかな軌道を描いたボールはネットに突き刺さり、先制ゴールとなるJ1通算157得点目が生まれた。

 大久保はガッツポーズで喜びを表し、「記録のことは関係なく、点を取ったらもう1点を狙うのはいつも通り」と記録更新となる追加点を狙う。しかし、前半38分に逆転を許すと常に追う立場となり、後半アディショナルタイムのFW森本貴幸のゴールで辛うじて4-4のドローに持ち込んだ。試合後は「ちょっと悔しい方が強い」と唇を噛んだ。

「ディフェンスの練習をしてきた中で、4点を取られるというのは問題」と課題を口にすると、「マジでうれしくないですね。勝ちたかった」と記録に並んだことよりも、チームを勝利に導けなかったことに悔しさを滲ませた。

(取材・文 折戸岳彦)
●[J1]第1ステージ第2節1日目 スコア速報

「ゲキサカ」ショート動画

TOP