beacon

自身の起点から鮮やかすぎる連係弾…仕上げのゴールもやってのけた横浜FMアンデルソン・ロペス「仲間を信じて入り込んだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制ゴールを挙げたFWアンデルソン・ロペス(中央)

[2.25 J1第2節 横浜FM 2-0 浦和 日産ス]

 鮮やかな連係から横浜F・マリノスの先制ゴールが生まれた。最初に起点を作ったのはFWアンデルソン・ロペス。また、最後にゴールを挙げたのもA・ロペスだった。「今年最初のゴールなのでうれしいです」と喜びを語った。

 序盤から攻勢を強めた横浜FMは、前半18分に均衡を破った。

 MF喜田拓也の縦パスを、中盤まで下りてきたA・ロペスが体を張って収める。ターンしながら前線のFWエウベルとワンツーパス。体を前に向けたA・ロペスは左サイドに大きく展開する。DF永戸勝也がクロスを上げ、PA右のファーサイドに飛んだところをMF西村拓真がダイレクトでゴール前に折り返した。

「狙いはゴールですね」。最後にゴール前に走り込んだのは、最初に起点を作ったA・ロペスだった。「仲間を信じて、次のボールが入ってくるということを信じて、しっかり入り込んでいった」。ボールの勢いを殺すように、押し込むことだけに集中して、優しくヘディングシュート。今季初ゴールとなる先制点となった。

 連覇を懸けた今シーズンへの気合いは大きい。「日々の練習の中で常に全力を尽くして、毎日の練習をしっかり重ねていく中で、自分たちの目標である優勝に向かって勝利を重ねられるように。全力を尽くして、一日一日の練習を重ねている」。全員のベクトルを揃えることで、連係も深まる。アシストをした西村には「拓真がボールを出してくれると思った」と感謝を口にした。

(取材・文 石川祐介)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集ページ

「ゲキサカ」ショート動画

TOP