beacon

名古屋は今季4度目の完封も…FC東京ゴールこじ開けられずにスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.18 J1リーグ第5節 名古屋 0-0 FC東京 豊田ス]

 J1リーグは18日、第5節を開催し、豊田スタジアムでは名古屋グランパスFC東京が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半も得点が生まれずに0-0のドローに終わった。

 開幕4戦3勝1敗、失点わずかに1と好スタートを切って2位につける名古屋は、第4節柏戦(○3-0)から先発の入れ替えはなく、同じ11人を先発起用。一方、2勝1分1敗で5位のFC東京は前節横浜FC戦(○3-1)から先発3人を入れ替え、FW塚川孝輝、DF森重真人、DF長友佑都らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 ともに激しく粘り強い守備で相手に簡単には決定機を作らせず。フィニッシュに持ち込む回数が限られる中、前半41分に名古屋がゴールに迫る。しかし、DF藤井陽也、FWキャスパー・ユンカーとつないだボールからPA内に走り込んだFWマテウス・カストロのシュートはゴール左に外れてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、同12分、名古屋がカウンターを発動させると、FWキャスパー・ユンカーが単独でボールを運ぶ。ラストパスに走り込んだMF森下龍矢が右足で狙うも、シュートは枠を捉え切れず。同13分には両ベンチが動き、名古屋はDF丸山祐市、FC東京はFWアダイウトンを投入する。

 さらにスコアが動かずに試合が進むと、FC東京は後半33分にFW俵積田晃太、名古屋は同37分にFW酒井宣福とMF長澤和輝をピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。

 しかし、その後も両チームにゴールは生まれずに0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集ページ

TOP