beacon

山岸祐也の土壇場2ゴールで劇的逆転! 福岡が湘南を破って2戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡が劇的な逆転勝利

[3.19 J1第5節 福岡 2-1 湘南 ベススタ]

 J1第5節が19日に行われ、暫定9位のアビスパ福岡はホームで同11位の湘南ベルマーレに2-1で勝利した。0-1で迎えた後半アディショナルタイムにFW山岸祐也が2ゴールを決めて逆転。劇的な展開で2試合ぶりの白星をつかみ、4戦無敗(3勝1分)とした。

 開始から互いにゴールへ迫る中、前半33分に湘南MF平岡大陽がペナルティエリア右にスルーパスを送り、MF小野瀬康介のクロスからFW町野修斗がヘッドで押し込む。しかし、小野瀬が折り返す前にボールがゴールラインを割っていたとして、湘南の得点は認められない。

 後半5分には右サイドの小野瀬が中央へパスを差し込むと、FW阿部浩之が巧みに流し、町野がペナルティエリア中央に抜け出す。冷静に左足でネットを揺らすが、その前にオフサイドの判定となった。

 さらに後半8分、小野瀬がペナルティエリア右脇から低いクロスを入れ、ニアで反応した町野がDF奈良竜樹に後ろから倒される。主審はペナルティスポットを指すが、VARの結果、小野瀬が味方からボールを受けた位置がオフサイドとなっており、PKは取り消された。

 福岡は後半23分に古巣対戦のFWウェリントンを投入。前への圧力を強めるが、均衡を破ったのは湘南だった。

 後半28分、左サイドの平岡がペナルティエリア左に浮き球のパスを出し、斜めに走り込んだ小野瀬が受ける。この試合で何度もチャンスに絡んでいた小野瀬は角度のない位置から左足で蹴り込み、4戦ぶりとなる今季2得点目を記録した。

 福岡は0-1で終盤を迎えたものの、後半アディショナルタイム6分にパワープレーからのこぼれ球を山岸が華麗に突き刺し、1-1の同点とする。さらに同アディショナルタイム9分、FW鶴野怜樹のパスを山岸が蹴り込み、土壇場で2-1とゲームをひっくり返した。

 山岸の今季初得点を含む2ゴールにより、福岡が2試合ぶりに勝ち点3を獲得。敗れた湘南は今季初の2連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第5節 スコア速報

データ提供:Opta
※大会の公式記録と異なる場合があります

「ゲキサカ」ショート動画

TOP