beacon

MF岸本武流が移籍後初ゴール! G大阪は名古屋を破って2連勝、暫定で5位に浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

白星奪取へ激しくぶつかった

[5.11 J1第13節 名古屋 0-1 G大阪 豊田ス]

 J1リーグは11日、第13節を開催した。8位ガンバ大阪は敵地で7位名古屋グランパスと対戦し、1-0で勝利。今季清水エスパルスから加入したMF岸本武流が移籍後初ゴールを記録した。

 2連勝を目指す名古屋とG大阪。勝ち点1差で迎えた“6ポイントマッチ”は試合立ち上がりから共に攻め手を欠いた。

 ホームチームは先頭のFWパトリックをターゲットにカウンターを狙う。MF森島司が試合の構築を担った。対するアウェーチームは、中央からMF宇佐美貴史がチャンスメーク。FW坂本一彩、MF倉田秋らが流動的に動いた。

 G大阪は前半27分、左サイド高い位置で相手のミスを誘うと、宇佐美がボールを回収して持ち込む。ゴール前至近距離から放ったシュートはGKランゲラックに阻まれた。

 名古屋は前半32分、ピッチ真ん中やや右サイド寄りのところでフリーキックを得ると、森島がキッカーを務める。鋭いボールにDF三國ケネディエブスが飛び込んだが、合わせきることができなかった。

 試合はスコアレスのまま前半を折り返すと、後半は両チームともに攻撃の手を強めた。名古屋はセットプレーから相手のゴールを脅かす。G大阪は岸本が右サイドで起点となった。

 すると、先に試合を動かしたのはアウェーチーム。G大阪は後半22分、ペナルティエリア内でボールを受けた坂本のシュートはランゲラックの好セーブに遭うも、岸本がこぼれ球を押し込んでゴールネットに突き刺した。

 1点ビハンドの名古屋は後半32分、右サイドのコーナーキックの流れからMF永井謙佑が決定機を迎える。ゴール前の混戦の中からシュートを放ったが、相手に体を寄せられてうまくミートすることができなかった。

 終盤にかけて猛攻を仕掛けた名古屋だが同点ゴールが遠い。試合は1-0のままタイムアップ。G大阪が2連勝を飾り、暫定で5位に浮上している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2024シーズンJリーグ特集

データ提供:Opta
※大会の公式記録と異なる場合があります
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP