beacon

鹿島が上位決戦に5発大勝!前人未到の3連覇に王手

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.28 J1第33節 鹿島5-1G大阪 カシマ]

 J1第33節は28日、7試合を行い、カシマスタジアムでは首位鹿島アントラーズと3位ガンバ大阪が対戦した。鹿島は後半11分にFW興梠慎三が先制点を決めると、同13分にMF野沢拓也、同17分に再び興梠と立て続けに3点を奪い、終盤にもFW田代有三、MFダニーロが追加点を決め、5-1で大勝した。首位を守った鹿島。川崎Fも勝ったため、今節での優勝決定はならなかったが、いよいよ3連覇に王手をかけた。

 鹿島は4-4-2のベストメンバー。GK曽ヶ端準、4バックは右から内田篤人、岩政大樹、伊野波雅彦、新井場徹と並んだ。中盤は中田浩二と小笠原満男のダブルボランチ、右に野沢拓也、左に本山雅志。2トップは興梠慎三とマルキーニョスだった。
 G大阪はMF橋本英郎が負傷欠場。右足首痛のDF加地亮らは強行先発した。システムは4-4-2で、GK藤ヶ谷陽介、4バックは右から加地亮、中澤聡太、山口智、高木和道。中盤は明神智和と遠藤保仁のダブルボランチ、右に佐々木勇人、左に二川孝広。ルーカスとペドロ・ジュニオールが2トップを組んだ。

 試合は立ち上がりから鹿島が押し込んだ。勝って、川崎Fが引き分け以下に終われば優勝が決まる一戦。選手は球際も激しく、運動量も多かった。ただ、パスをつなぎながらアタッキングエリアまでは入るが、最後の場面ではG大阪守備陣も体を張り、シュートには体でブロックにいくなど決定機をつくらせなかった。

 G大阪はボランチの遠藤への寄せが早く、なかなか自由にボールを回せない。2トップにいい形でボールがおさまるシーンもほとんどなく、攻撃の形をつくれなかった。

 前半25分過ぎになると鹿島の勢いも弱まり、徐々にG大阪が流れを引き戻す。2トップがピッチを幅広く動いてボールを呼び込み、前を向いて仕掛ける回数が増え、何度かフィニッシュまで持ち込んだ。

 一進一退の攻防となった試合は、前半終盤に互いにチャンスを迎えた。鹿島は前半37分、本山のスルーパスから野沢が右サイドを抜け出し、クロス。ゴール前でマルキーニョスがフリーになっていたが、GK藤ヶ谷が間一髪、パンチングでクリアした。

 G大阪も前半40分、二川のスルーパスを受けた佐々木が右サイドを疾走。クロスに明神が走り込んだが、シュートは打ち切れず、DFがクリアした。

 0-0で折り返した後半は、前半終わりの流れ同様にG大阪がパスを回して鹿島ゴールに迫り、鹿島はボールを奪ってからの早い攻撃でチャンスをうかがった。互いの得意な展開。完全な力勝負となった。

 そして後半11分、ついに試合は動く。鹿島は高い位置でボールを奪うと、小笠原のスルーパスに抜け出した興梠が2度の切り返しで中澤をかわし、右足でゴール左隅にねじ込んだ。

 先制点からわずか2分後、またも鹿島のカウンターがはまった。前線からのプレッシャーでボールを奪うと、興梠からマルキーニョスにつなぎ、マルキーニョスが右足でシュート。これはGK藤ヶ谷が弾いたが、こぼれ球を拾った野沢が左足で鮮やかなループシュートを決め、2-0とリードを広げた。

 G大阪も黙っていない。2分後の後半15分、縦パスを受けたペドロ・ジュニオールが右サイドでボールキープし、ゴール前に折り返すと、走り込んだ二川が右足で流し込み、すかさず1点を返した。

 前半から打って変わって激しい試合展開。またも2分後の後半17分、鹿島が貴重な3点目を奪った。左サイドでボールを受けた野沢がグラウンダーのクロス。これに興梠が右足つま先で合わせ、3-1と再び突き放した。

 2点を追うG大阪は後半22分、一気に2人を交代する。佐々木と加地を下げ、FWチョ・ジェジン、DF安田理大を投入。中澤、山口、高木の3バック、右に二川、左に安田理が入り、ルーカスがトップ下気味の3-5-2にシフトした。

 ところが、直後の後半23分、G大阪にまさかのアクシデントが襲う。ルーカスが2枚目の警告で退場処分に。反撃気運を下げる退場で、2点ビハインドの上に数的不利を余儀なくされた。

 それでも後半27分には安田理の左クロスからペドロ・ジュニオールがシュートを打つなど10人でも鹿島を押し込み、ゴールを狙った。だが、鹿島守備陣もシュートをスライディングでブロックするなど気迫のディフェンスを見せ、ゴールを許さない。

 後半38分には中澤に代えてFW山崎雅人を投入し、最後のカードを切る。直後のFKのチャンスでは遠藤が直接狙ったが、壁を直撃。ゴールが遠かった。

 逆に鹿島は後半40分、直前に興梠に代わってピッチに入ったばかりのFW田代有三がダニーロのスルーパスを受け、左足で流し込み、4-1。同44分にも野沢の右クロスからダニーロがヘディングでダメ押しの5点目を決めた。

 勝てば今節で優勝が決まる可能性もあったが、同時間に試合を行っていた川崎Fも新潟に1-0で勝ったため、優勝は最終節まで持ち越された。

 ただ、12月5日の最終節で浦和に勝てば、文句なしで自力優勝が決まる。上位決戦を5-1で大勝し、弾み、勢いが付いたのも間違いない。前人未到の3連覇。その瞬間が、いよいよ近づいてきた。

<写真>鹿島FW興梠
(取材・文 西山紘平)

「ゲキサカ」ショート動画

TOP