beacon

後半開始早々、痛恨の失点…C大阪MF坂元「そこが一番痛かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪MF坂元達裕

[10.30 ルヴァン杯決勝 名古屋 2-0 C大阪 埼玉]

 痛恨の失点となった。セレッソ大阪MF坂元達裕は「一番痛かった」と後半開始早々の先制点献上を悔やんだ。

 立ち上がりこそ、名古屋に押し込まれる時間帯もあったが、徐々に保持率を高め、敵陣深くまでボールを運ぶ機会を作り出していく。フィニッシュまで持ち込む場面も創出するが、ゴールは生まれないまま、前半終了のホイッスルを聞くことになった。

「裏へ抜け出したり、ゴール前でプレーできる時間が少しずつ増えてきた」。前半の戦いに手応えはあった。しかし、後半開始早々にセットプレーから先制点を奪われてしまう。1点のリードを奪った名古屋は、より守備に重心を置いてきた。ここを崩すのに苦労した。

「後半、早い段階で失点してしまったのが一番痛かった。そこから完全にブロックを作られて、どう崩すかと話しながらやっていたが、ゴールにつながらなかった」

 後半34分には名古屋に追加点を奪われ、0-2の完封負けを喫して準優勝に。「優勝したい思いで試合に臨んでいたので悔しいです」と声を落とした。

●ルヴァン杯2021特設ページ
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「ゲキサカ」ショート動画

TOP