beacon

[国体少年男子]5年ぶりV!神奈川県登録全16選手コメント_MF高橋友矢(横浜FCユース、1年)「全員の気持ちが込もった試合で優勝できた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF高橋友矢(横浜FCユース、1年=横浜FCジュニアユース出身)は日本一のキャプテンに。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」サッカー競技少年男子の部は6日、決勝を行った。神奈川県が青森県に2-1で勝利。17年以来8回目の優勝を果たした。

 MF高橋友矢(横浜FCユース、1年=横浜FCジュニアユース出身)は日本一のキャプテンに。神奈川スタイルの中心選手として攻守両面でボールに係わり続け、鋭いアプローチ、球際での厳しいチェックなどハードワークも光った。その高橋が優勝の喜びや今後への意気込みについて語った。

―日本一になった感想は?
「(決勝は)最後まで苦しい戦いだったですけれども、全員が優勝への思いを持っていた。最後、(加治佐)海がスーパーゴールで決めてくれたので、全員の気持ちが込もった試合で優勝できたかなと思います」

―国体で出来たこと、出来なかったことは?
「今日は人に強い相手でしたけれども、落ち着いて相手のプレッシャーを見れば剥がせるというのは言われていたので、自分は落ち着いて、パスで相手を打開していくだとか、攻撃を作っていくということを意識してやっていました。守備のところで相手のフィジカルや能力が高い中で、ボールを奪い切るだったりはなかなか出来なかったので、これからどんどんレベルが上っていくと思うんですけれども、フィジカルの強い相手でもボールを奪い切る力をつけていきたいと思っています」

―今後への意気込みを教えて下さい。
「まずはプレミアリーグに出ていけるようにしていくことと、また来年にはチームのクラブユース(選手権)だったりがあるので、この経験を活かして2年生でもチームの中心になって引っ張っていくだったり、優勝に向かって全力で取り組んでいけたらなと思います」

―キャプテンからチームメートへのエールを。
「本当に初戦からキャプテンをやらせてもらって、徐々に徐々に強くなって行ったという実感があるので。本当にこのメンバー一人ひとりが上手くて、強くて、良い選手だと思うので、これからチームは別々になりますけれども、また上の舞台で、また会えたらなと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP