beacon

[国体少年男子]5年ぶりV!神奈川県登録全16選手コメント_MF白須健斗(横浜FMユース、1年)「こだわって点の部分は獲っていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県MF白須健斗(横浜F・マリノスユース、1年=横浜F・マリノスジュニアユース出身)は崩しの中心に。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」サッカー競技少年男子の部は6日、決勝を行った。神奈川県が青森県に2-1で勝利。17年以来8回目の優勝を果たした。

 U-16日本代表MF白須健斗(横浜F・マリノスユース、1年=横浜F・マリノスジュニアユース出身)は3試合で先発出場。得意とするドリブル、コンビネーションで多くの崩しに係わり、準決勝ではゴールも決めた。その白須が優勝の喜びや今後への意気込みについて語った。

―日本一になった感想は?
「チームとして優勝を掲げてやってきたので、そこは優勝できてとても嬉しいです」

―国体で出来たこと、出来なかったことは?
「出来た部分は得点に多く絡むという部分は課題にしていたことなので、そこは出来たかなと思いますけれども、自分でフィニッシュに持って行くクオリティの部分がまだまだ足りないので、そういうところは自チームに戻ってまた練習していきたいなと思っています」

―今後への意気込みを教えて下さい。
「プレミアでまだ1点も獲ることができていないので、そういうところは、こだわって点の部分は獲っていきたいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
●第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP