beacon

出場校チーム紹介:丸岡高(福井)

このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統校・丸岡高はボール回しと縦への速さを活かして昨年超えへ

令和4年度全国高校総体(インターハイ)
「躍動の青い力 四国総体 2022」男子サッカー競技


丸岡高(福井)

丸岡高関連ニュース


丸岡高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 vs.日大藤沢高(神奈川2)
■出場回数
3大会連続33回目
■過去の最高成績
8強(97年度)
※通算23勝
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校選手権3位(97年度)、同出場32回、全日本ユース(U-18)選手権出場
■監督
小阪康弘
■予選成績
2回戦 3-0 勝山高
準々決勝 5-0 坂井高
準決勝 4-2 福井商高
決勝 5-0 福井工大福井高
■地域大会成績
2回戦 2-1 東海大諏訪高(長野1)
準決勝 3-2 星稜高(石川1)
決勝 0-4 帝京長岡高(新潟)
■最近の主な公式戦成績
[21年度インターハイ](全国3回戦敗退)
県準決勝(代表決定戦) 5-1 福井工大福井高
県決勝 3-1 福井商高
全国2回戦 1-1(PK9-8)瀬戸内高(広島)
全国3回戦 0-8 青森山田高(青森)
[21年度選手権](全国1回戦敗退)
県決勝 5-1 北陸高
全国1回戦 0-3 阪南大高(大阪)
[21年度新人戦](県優勝)
決勝 5-1 福井工大福井高
[22年リーグ戦]※7月3日時点
福井県1部リーグ1位(3勝1分)
■都道府県予選準決勝布陣
[4-2-3-1]
        小関晴人
         
伊藤大貴    奥村洋武    川下恭太郎

     河奥正流 渡辺祥気

渡辺颯生 山田健太 鷲見琉希 徳山港音

        清水唯太

■予選取材記者(前田カオリ記者)チーム紹介
ボール回しと縦への速さ活かし、昨年超えへ
 3大会連続でインターハイへの出場を決めた丸岡高。昨年の地元・福井県開催だったインターハイでは、ベスト16の戦績。その前回大会を3年生ではキャプテンを務めるDF山田健太、FW小関晴人、FW伊藤大貴が、2年生ではMF奥村洋武とMF渡辺祥気が経験。「去年から出ている選手も多いので、メンタル的にもたくましくなり、失点しても逆転できるようになった」(山田)ことは、ポジティブな要素。さらに今年のチームの強みとして、前線にはスピードもあって技術の高い選手が揃うことから、「うちの良いところである良いボールを速く回して」(小阪康弘監督)攻撃を仕掛ける丸岡らしさにもさらに磨きがかかる。縦への速さを生かして、今年は昨年超えられなかった壁を越えたい。
■予選取材記者(前田カオリ記者)注目選手
22年丸岡の象徴
FW小関晴人(3年)
「速さを保ったまま相手選手をかわしてゴール前へと切り込んでくる、今年の丸岡の「縦へのスピードの速さ」の象徴とも言える選手」

落ち着きあるストライカー
FW伊藤大貴(3年)
「準決勝では胸で落として右足ボレー、相手を背負うところから反転して左足、ループとその場に応じたシュートを打てるところを見せた、ゴール前でも落ち着いたストライカー」

攻守に気の利くMF
MF奥村洋武(2年)
「準決勝では気の利いたポジショニングで、攻撃参加はもちろんのこと、前線でのボール回収も光った。運動量も豊富な選手」
■過去の全国大会成績
【21年度(3回戦敗退)】
2回戦 1-1(PK9-8)瀬戸内高(広島)
3回戦 0-8 青森山田高(青森)
【19年度(3回戦敗退)】
1回戦 1-0 聖和学園高(宮城)
2回戦 1-1(PK3-2)矢板中央高(栃木)
3回戦 0-1 桐光学園高(神奈川1)
【17年度(2回戦敗退)】
1回戦 0-0(PK4-3)秋田商高(秋田)
2回戦 0-2 阪南大高(大阪2)
【13年度(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 真岡高(栃木)
【12年度(2回戦敗退)】
1回戦 3-2 草津東高(滋賀)
2回戦 1-3 尚志高(福島)
【11年度(2回戦敗退)】
1回戦 4-1 大分高(大分)
2回戦 1-3 立正大淞南高(島根)
【10年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-4 香川西高(香川)
【09年度(2回戦敗退)】
1回戦 2-2(PK7-6)高川学園高(山口)
2回戦 0-4 米子北高(鳥取)
【08年度(1回戦敗退)】
1回戦 1-3 東海大翔洋高(静岡)
【07年度(3回戦敗退)】
1回戦 2-2(PK5-4)埼玉栄高(埼玉1)
2回戦 2-1 室蘭大谷高(北海道1)
3回戦 1-1(PK3-4)玉野光南高(岡山)
【06年度(2回戦敗退)】
1回戦 6-1 日大山形高(山形)
2回戦 0-1 初芝橋本高(和歌山)
【05年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 那覇西高(沖縄)
【04年度(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK4-2)座間高(神奈川2)
2回戦 0-1 韮崎高(山梨)
【03年度(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 草津東高(滋賀)
2回戦 1-6 国見高(長崎)
【02年度(2回戦敗退)】
1回戦 3-0 山形中央高(山形)
2回戦 2-2(PK2-4)武相高(神奈川1)
【00年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-4 桐光学園高(神奈川2)
【99年度(1回戦敗退)】
1回戦 3-5 暁高(三重)
【98年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 暁星高(東京2)
【97年度(3回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK4-3)高松商高(香川)
2回戦 1-1(PK4-2)松蔭高(愛知1)
3回戦 2-2(PK3-4)高崎高(群馬)
【96年度(8強)】
1回戦 2-1 金光一高(大阪2)
2回戦 2-0 浦和市立高(埼玉1)
3回戦 0-0(PK4-1)新居浜工高(愛媛)
準々決勝 1-3 帝京高(東京1)
【95年度(3回戦敗退)】
1回戦 2-2(PK7-6)水戸商高(茨城)
2回戦 0-0(KP4-1)多々良学園(山口)
3回戦 0-1 北陽高(大阪2)
【92年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-6 滝川二高(兵庫)
【91年度(3回戦敗退)】
1回戦 3-2 熊本商高(熊本)
2回戦 4-1 刈谷高(愛知2)
3回戦 0-2 市立船橋高(千葉1)
【90年度(1回戦敗退)】
1回戦 1-2(延長)日大山形高(山形)
【89年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 宮崎工高(宮崎)
【88年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 室蘭大谷高(北海道2)
【87年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 韮崎高(山梨)
【83年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 日大山形高(山形)
【82年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-9 帝京高(東京2)
【79年度(1回戦敗退)】
1回戦 1-4 秋田商高(秋田)
【78年度(1回戦敗退)】
1回戦 1-5 帝京高(東京2)
【67年度(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 智辯学園高(奈良)

■登録メンバーリスト
1 GK 吉田龍之介(3年=坂井フェニックス丸岡JY)
2 DF 西田陸晴(2年=坂井フェニックス丸岡JY)
3 DF 渡辺颯生(3年=坂井フェニックス丸岡JY)
4 DF 鷲見琉希(3年=坂井市立丸岡南中)
5 DF 山田健太(3年=相模原市立谷口中)
6 MF 徳山港音(3年=伊丹FC Jrユース)
7 MF 岡俊樹(3年=伊丹FC Jrユース)
8 MF 奥村洋武(2年=坂井フェニックス丸岡JY)
9 FW 中川優斗(3年=坂井市立丸岡中)
10 FW 伊藤大貴(3年=坂井フェニックス丸岡JY)
11 FW 小関晴人(3年=FELICEFC浦安)
12 MF 河奥正流(2年=坂井フェニックス丸岡JY)
13 MF 名倉洸悠(3年=あわら市 金津中)
14 MF 渡辺祥気(2年=坂井フェニックス丸岡JY)
15 MF 稲村宥真(3年=FC.BROS)
16 FW 川下恭太郎(2年=坂井フェニックス丸岡JY)
17 GK 清水唯太(2年=あわら市 金津中)
18 FW 加藤証(2年=パトリアーレSABAE)
19 DF 金川心(3年=坂井市立丸岡南中)
20 DF 藤田直(3年=福井市立大東中)
※JFA参照

●【特設】高校総体2022

TOP