beacon

インターハイ得点王が決定! 今年は3選手が4ゴールで揃い踏み

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京FW齊藤慈斗(3年)、湘南工科大附FW大木啓汰(3年)、昌平MF篠田翼(3年)(写真協力=『高校サッカー年鑑』)

 令和4年度全国高校総体(インターハイ)「躍動の青い力 四国総体 2022」男子サッカー競技(徳島)は30日に決勝を行い、前橋育英高(群馬)の優勝で全日程を終了した。

 得点ランクトップは3選手。準優勝校・帝京高(東京1)のFW齊藤慈斗(3年=バディーJrユース)、湘南工科大附高(神奈川1)のFW大木啓汰(3年=横浜FC鶴見Jrユース)、昌平高(埼玉)のU-17高校選抜MF篠田翼(3年=FC LAVIDA)が4ゴールで得点王となった。

 帝京は決勝進出も前橋育英に0-1で敗戦。齊藤はベンチスタートで後半から途中出場したが、5得点目は決め切れなかった。

以下、得点ランキング上位
【得点ランキング】
1位:4得点
齊藤慈斗(帝京)
大木啓汰(湘南工科大附)
篠田翼(昌平)
4位:3得点
大田知輝(帝京)
伊藤聡太(帝京)
小林俊瑛(大津)
福田秀人(米子北)
小関晴人(丸岡)
石崎祥摩(日章学園)
若松優大(矢板中央)
古田和之介(履正社)

●【特設】高校総体2022

「ゲキサカ」ショート動画

TOP