beacon

ナイキから新しい『マーキュリアル』が登場!パリで開催された【Nike On Air】でお披露目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現地時間4月11日にフランス・パリでナイキの新製品発表イベント【Nike On Air】が開催された。ナイキ独自のクッショニングテクノロジーである“エア”をキーワードに、ランニング、バスケットボール、フットボール、ライフスタイル等の新しいプロダクトを発表。会場入り口にはナイキを象徴するオレンジ色に塗られたFWキリアン・ムバッペらアスリート6人の巨大な彫像が飾られ、新しいウェアやシューズを纏った契約アスリートによるショーも行われた。



「マーキュリアル」シリーズの最新作が発表


 フットボールカテゴリーの新製品として発表されたのが、「マーキュリアル」シリーズの最新作。スピードを武器とする選手のために作られた「ナイキ マーキュリアル」は、最速の選手をさらに速くするための進化を遂げたという。

 世界中から集まった40人のアスリートによるショーでは、PSVでプレーするFWリカルド・ペピの姿も。もちろん、足元を飾っていたのは新しい「ナイキ マーキュリアル」だ。



 会場ではエアを搭載したアーカイブも展示され、スポーツ、カルチャーに大きな影響を与えた多くのシューズが並ぶ中、2022年に登場した「ナイキ ズーム マーキュリアル スーパーフライ 9」や、90分間フィールドを縦横無尽に駆け続けることをサポートするために開発された「ナイキ エア ズーム トータル 90」(2000年発売)も飾られていた。



エネルギーリターンが10%向上


 発表イベントでは新しい「ナイキ マーキュリアル」について、ナイキ グローバルフットボール フットウェアプロダクト シニアマネージャーであるエミリー・ジョンソン氏は次のように語っている。

「キリアン・ムバッペ選手ら、スピードを象徴する選手たちがマーキュリアルを選んでいます。新しいマーキュリアルは、スピードに特長のある選手をさらに速くし、よりプレーしやすくすることを実現したシューズです。2022年に登場したマーキュリアルは、フットボールに特化したエアズーム ストロベル ユニットを搭載していました。今作はそのエアズーム ストロベル ユニットから屈曲溝をなくし、プレートの屈曲性を最適化したことで、柔軟性を維持しながら、エネルギーリターンを10%向上させることに成功しました。エネルギーリターンが向上したことで加速性が高まり、アスリートたちはスピーディにプレーすることができ、相手ディフェンダーに差をつけることが可能になります」



グリップ ニット テクノロジーを採用


 アスリートの「皮膚の延長のように感じるシューズが欲しい」という意見を活かし、ナイキのデザイナーたちは新しい「マーキュリアル」のフィットをより快適にすることにもこだわった。フライニットのアッパー素材は5層だったものが3層になり、軽量化するとともに、足なじみも向上。「ナイキ ファントム GX」にも採用されているグリップ ニット テクノロジー(マーキュリアル用に調整されている)を採用。より精度の高いタッチが可能となった。



 高速でのプレーと、その中で精度の高いタッチをサポートする新しい「ナイキ マーキュリアル」は今夏の発売を予定している。

Sponsored by NIKE
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP