beacon

アディダス『F50』がついに復活!! 現代のスピードプレーヤーのための最速の一足に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アディダスは、一瞬のスピードですべてを変える力を与えるためのサッカースパイク「F50(エフゴジュウ)」の新モデルを発表した。

「F50」は、プレーヤーに爆発的なスピードを与えることを目的として2004年に登場し、FWリオネル・メッシ(インテル・マイアミ)をはじめとなるさまざまな選手が着用。シューレースを覆った仕様のモデル、プレーヤーの特性やピッチコンディションに合わせて調整できる「TUNiT」、足との一体感を高めるべく「ADIZERO」のコンセプトを持ったシリーズなど、フットボールシューズに革新をもたらすモデルを生み出してきた。2015年で一度、幕を下ろしていたが、登場から20周年となる今年、復活を遂げた。


 6月3日(月)17時よりゲキサカFCストアにて予約販売を開始している。

「F50(エフゴジュウ)」について


 アディダス フットボールでは、柔らかさで魅了するプレーヤーに向けた「COPA(コパ)」、決定力で勝負するプレーヤーに向けた「PREDATOR(プレデター)」 、一瞬の速さで勝負するプレーヤーに向けた「X(エックス)」 という3つのフランチャイズを展開してきた。今回、スピードに特化したフランチャイズ「X」に置き換え、2004年から2015年にかけてフットボール界のスピードスターに愛されてきた「F50」が、局面を制するスピードのために進化を遂げ、一瞬のスピードですべてを変える力を与えるためのスピードフランチャイズとして、8年の時を経て装いを新たに登場する。

「F50」の“F”は、速さの象徴、F1レースの語源でもある“Formula”の頭文字から命名されている。1954年にスイスで行われたFIFAワールドカップの決勝で、ぬかるんだピッチの中、西ドイツ代表選手がスタッド取り換え式のアディダスのシューズを履き、当時無敵と謳われたハンガリー代表に勝利し、優勝を手にした「ベルンの奇跡」から50年後の2004年に登場したことで“50”という数字が採用されている。

 誕生から20年が経った2024年。「F50」は、未来“Future”を見据えたスピードプレーヤーたちが“F”を継承すべく生まれ変わる。

「F50」が持つテクノロジー



ポイント①コンプレッション フィット トンネルシュータン



 フィット感とホールド性を向上させるため、中足部を覆うように配置された伸縮性のある素材に戦略的にTPUで補強を施したトンネル型のシュータン。

ポイント②ファイバータッチ アッパー



 必要な箇所にサポート性を提供するためにデザインされた軽量素材のアッパー。
 

ポイント③スプリントウェブ



 戦略的に配置された3Dテクスチャーのラインによってスピードにのった際のボールタッチでもボールコントロールに貢献。

「F50」着用選手によるコメント


■MF久保建英
「サッカーでは一瞬のスピードやボールタッチが試合の運命を大きく左右します。『F50』は軽く、そしてフィット感があって包み込まれるような履き心地がして、ドリブルをしたときにピッチを駆け抜けられる感覚がしました。スピードにのったプレーでも大活躍してくれそうな一足です」


■DF菅原由勢
「新しくなった『F50』を履いてみたら、軽さにとても驚きました。サイドからの切り込みを行うときはスピード感をもってプレーすることが大切です。スピードを発揮してくれる『F50』を履いてプレーできるシーズンはとても心強いです」

商品詳細


▼『F50 ELITE FG
■価格:¥25,740(税込)
■サイズ:25.5~27.5cm

フットウェアホワイト×ソーラーレッド
このスパイクの詳細を見る

▼『F50 ELITE LL FG
■価格:¥26,730(税込)
■サイズ:25.5~28.0cm

フットウェアホワイト×ソーラーレッド
このスパイクの詳細を見る

▼『F50 ELITE AG
■価格:¥25,740(税込)
■サイズ:24.5~28.5cm

フットウェアホワイト×ソーラーレッド
このスパイクの詳細を見る

▼『F50 ELITE HG/AG
■価格:¥18,810(税込)
■サイズ:24.5~29.5cm

フットウェアホワイト×ソーラーレッド
このスパイクの詳細を見る








●スパイク専門オンラインストア『ゲキサカFC STORE』
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP